ひきこもり女性が在宅でお金を稼ぐには

女性が在宅で稼ぐ方法
女性が在宅で稼ぐ方法

女性が在宅で稼ぐには

女性がてっとりばやく稼ぐ方法を記しておきます。
あくまで推測です。僕自身は経験者ではりません。
なので、市場・体験者の声から推測しただけであります。
ただ、僕はアダルト系のバイトをしていたので少しばかり
知識があります。

彼氏をつくる

女性の良い点は彼氏に甘えても許されることです。
世間が許してくれます。寿退社という言葉が物語っております。
女性が男性に精神的にも経済的にも甘えるのは許容されている社会なんです。
男性には難しいです。ヒモという特殊な存在もありますが全体を見ても少数。
世間から厭われるのがヒモです。正道と認められていません。
どうしても男性が女性に経済的に甘える展開になるのは困難。
道が整えられてせんし、もしヒモになっても社会から叩かれます。
女性は男性を捕まえてお金を搾取しても良いと認めているんです。
お金がなくて困っているのであれば多少容姿が恵まれていなくても
「お金のため」と妥協して付き合い、頼ればよいのです。
ブランド物のバッグを買ってもらえたら値崩れする前に即換金。
コンビニでの買い物のおつりも懐へ。
外食では「男の器をみせなさい」と暗にほのめかせビタ一文払わない。
誰も文句は言いません。
女性に生まれたのですから女性の武器を使えば良いのです。

僕が何もせずひきこもっていたとき。
暇だったのでひきこもり系ブログを片っ端から見ておりました。
そして気付く。男性のひきこもりで彼女持ちは少ないが、
女性のひきこもりで彼氏持ちは多いという事実。
たぶんこれは世間での風潮も要因のひとつでしょう。
とにかく男性はひきこもりでも猫でも杓子でも
「働けっ!」働いても「外で働けっ!」と暗に強要されえいます。
稼げていないのに彼女なんかつくるな、との意味も隠されいます。
でも女性に対する当たり方はちがいます。
女性なら男性にだよっても良いんよ。グリーンだよ。
ですよ。ああ、無残。

以下は女性のひきこもりの方が稼げる可能性のある
バイト・副業を説明しています。

装着品を売る(ブルセラ)

売ればいーんでない。
ブルセラって行為です。市場がすでにできあがっています。
売る行為も買う行為も簡単にできます。
ブルセラと聞くと制服だとか下着類を思い浮かべていると
思います。しかし、ディープな領域をのぞくとわかります。
「何でも売れます」
靴下は当然として、マスク・眼鏡・おむつ・使用済みのティッシュなど。
履きふるして底が磨り減って使い物にならないローファーだって売れます。
オプションを用意するともっと高値で売れてしまうんです。
オプションとは「下着をあと1週間履くと+2千円」とか言うのです。

売るのであれば仲介サイトがあるのでそこに登録。
顔写真は任意。売れている方はマスクだけをして
顔を晒しています。もちろんここも「容姿」が売り上げに左右されます。
顔をだした女性が有利です。いわゆる「顔あり」「顔なし」です。

利点としては完全在宅でできること。
売るの物もとくに用意する必要はありません。
いま身に着けている物でも良いです。
なければ百均ショップで調達するだけ。
顔を晒さなければリスクなしでできます。
本名ではなくて仮名でも登録できますから。

男性ではできない副業ですね。
買い手が圧倒的に少なく市場ができていませんので。

動画を売る

動画を売るだけ。
もちろんアダルトですよ。
素人が投稿した動画でも売れてしまうんです。
仲介サイトもいまでは複数存在しています。
ただ、素人動画が売れるというのに気付き、
いままで参入してこなかったプロ・セミプロが
市場に押し寄せてきております。
すこしでもお金を得ようと格下に見ていた市場に続々参入。
本当の素人がつくった動画が探しにくい状態になっております。
ただ、一定の素人動画ファンは存在していて、
サラリーマンが副業で月10万稼いでいる情報は入ってきております。
商品の閲覧数から推測もできますので月数十万円稼いでいる人も
いるでしょうね。

売るには動画をつくらなければいけません。
必要なのは「カメラ」「パソコン」「動画編集の技術」でしょう。
協力者がいれば良いのですが、今回はひとりという状況で考えて見ます。

僕が狙うのならば「盗撮」ですね。あくまで設定です。
撮影場所は深夜のファミレスや人気のない寂れた駅構内。
そこにミニスカやショートパンツで座り、パンチラを撮ります。
自作自薦の自撮りです。
ひとりで撮影するのでどうしてもカメラは固定ですから、
これくらいしか思いつきません。
なるべくリアリティをだすためにカメラをカバンに入れて、
すこしだけレンズにカバンの暗さがかかるようにしたいですね。
カメラの映像がカバンに入れた状態であるので全面的に
映っていない状態にもっていきたい。
すこしだけブレがあれば「人が盗撮している感じ」がでますが、
いないので仕方がありません。
人が出歩かない時間帯に、外出できる程度のひきこもり向けです。
動画を撮影したらあとはずっとひきこもったまま作業です。

問題なのはどうしても映像が単調になること。
そして、動画がひとつしか作れないこと。
撮影の被写体が自分ひとりなので次々と動画をあげて
収入を得るのがむずかしい。
ただ、抜け道もあります。
「続編物」として動画を売り出すのです。
いわゆる「ストーキングモノ」と呼ばれるシチュですね。

動画を投稿している人間が
「同一人物を日替わりで付けまわして盗撮している」
との設定にするんです。
そうすれば同じ被写体(自分)の動画ばかりでも
不信感をもたれにくいでしょう。

在宅チャットレディ

チャットレディとはチャットをして視聴者を楽しませるお仕事です。
アダルトな方面で「楽しませる」のもありですが、
非アダルトな領域も用意されております。

在宅ということは「通勤」をするチャットレディもあります。
利点はカメラ・パソコン等の機材がなくても始められる点です。
また、親と同居している方でも業者が用意した部屋で
チャットレディ業務ができます。

多くはポイント制をとっていて視聴者(ユーザー)が
投げ銭を与えてくれ、それが副収入となる感じです。

チャットレディの分野は良く知らないので各自で
検索していただきたいです。

まとめ

上記であげたのはすぐに稼げる可能性が
高い在宅副業ばかりです。
即金・在宅でできるものはやはりアダルトよりに
なってしまいます。しかし、男性ではできないもの
ばかりですので、女性の方には自分の優位点を認識
して事に臨んで欲しいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。