「やりたいことがない」ひきこもり・ニートがやる気をだすには

やりたいことがないひきこもり・ニートはどうしたらいいのか

とりあえず稼ぐべし、なるべくはやく稼ぐべし

やりたいことがないならとりあえずお金稼げば良いと思うよ。

人は現金なもので成果がでるとどんな仕事でも意義を見出して
やる気を高めるものなんです。
僕が知っている元ひきこもり・元ニートの個人事業主さんたちも
「やりたいことがない」「何にも興味がない」「趣味がない」って
人たちばかりでしたからね。
そんな感じ。
やりたいことがない、というのは「こだわりがない」だけかも知れなんですよ。
深刻にとらえる問題ではないとおもいます。

「やりたいことがない」若者の急増って誰が言った?

やりたいことがないと嘆く人は意外といるのか・・・な?
以前のブログでも「やりたいことがない」で検索してくる
方が一定数はいました。
他ひきこもり系ブログを見ても何をしたらいいか分からない状態に
陥っている方が見受けられます。
Googleキーワード プランナーの月間検索ボリューム数でも
3000 ほどはありした。
悩んでいる人にとっては深刻な問題なのでしょうね。

ただ、ひきこもり・ニートを見てみると嘆くというよりは
無感動なんですよね。
まるで他人事、実感がないんです。
僕もそうでしたがどこか自分を俯瞰して見ているんですよね。
冷めているんです。しかし、中では葛藤がある。
どうしたらいいか、どこへ向かえばいいかって。

「やりたいことがみつからねー」と、呟いている
ひきこもり・ニートをいまでも掲示板でみかけますし。
統計は知りませんが、実感としては昔より増えているように思います。
僕も似たようなものでしたよ。
ああ、なんでやりたいことがみつからないんだー。
うおー。なんて涙を流して苦しむよりは無表情で
パソコンカタカタしている雰囲気でね。

おおげさにふるまってはいないけれど焦燥感があるんですよね。
そして、好きなことをするのにも疲れてくる。
アニメを見るのも貧乏ヒキの鉄板暇つぶしである
フリーゲーム(フリゲ)をするのも疲れる。
読書もテレビをみるのも億劫だ。
常に無気力感につつまれている。
まーこんな状態になったら精神科や心療科にいくべきなんでしょう。
しかし、僕の場合はお金がなかった。1日2食。母とね。

やりたいことがなかった僕の体験から

母が精神科に通院しているのに僕が精神を弱っていると
分かっちゃうと母がさらに落ち込むのは目に見えていたので、
黙っていました。貧乏で無教養の系譜を継いでいるんですね。
で、やはり貧困の連鎖に陥った子としてエレファントシンドローム。
学習性無気力。何をしても成果がでないと身に染みちゃっている。
お金を稼ぐとか自分の両親が貧乏ですでに人生諦めムード。
貧困の連鎖・無教養からくるサガ。
お金がないのでできることがすくない、つまり展開性がない。
それでも生活補助のために苦学生になる。
貧困パターンとしてはありきたり。
はいて捨てるほど事例はあります。
そんなぼくでも思考をかえるだで、戦うフィールドを
すこし変えるだけで生きられるんです。

好きなことで起業か、稼げることで起業か

やりたいことがないからといって得意なことに手を出す人がいます。

しかし、稼ぐ気であるのならば自分の得意なことや
好きなことをしてはいけません。
すぐに稼げる可能性が高い商売や副業に手を出すべきです。

意識高い系ブログや成功者のブログでは好きなことを仕事にするべき、
長所を活かせる業種にするべきと訴えています。
このような意見は理解できます。しかし、当の管理人のスペックを
参考にして読み解かない解けないんですね。
大抵本人の能力が高かったり、与えられた環境が良かったり
してるんですね。貧乏で能力がないダメ人間アピールしている
人もいますが、あれは掴みの部分なんですね。
いわゆるネタです。文章力が高くて叙述トリックを勉強した
人であればどんなことでも誤認させる文章を書けるんです。
僕はモノホンの貧困家庭で育ったので一発でわかります。
貧困で育ってきた人ってのはどこか怒りがあるんですよね。
貧困家庭の出自ってことは貧困にまつわるいろいろな問題が
つきまといます。なにせ資本主義の社会なので、
ほぼすべての機会において不利なんですよ。
そして神の采配かどうか知りませんけれど貧乏人には
悪害ふりそぞく構造となっています。
だからこそいわれもなく虐げられてきた、その憎悪が積もっていて
どんなに隠そうとして隠し切れないんですね。
モニタ越しでもひしひしと伝わります。
分かる人には。
でも、自称元貧乏人のなり上がりブログ・上昇志向の意識高い系
ブログに期待するのは自分は貧乏だとおもっている中流層の方達
ばかり。なので、騙される。

ひとつひとつ事例・出来事・経歴などの開示された情報を並べて
俯瞰すればすぐにわかることなのに騙される。信じてしまう。
結果成果がでない。ノウハウコレクターとなる。
それじゃだめです。
信じてしまうとなにもかもブログ管理人の言いなりです。
騙すほうも勉強してますのでうまいんです、洗脳が。

こだわりのない性質でひきこもり・ニートならば
好きなことをするではなくしたくない事は絶対しない方向へ
突っ走るべきですよ。

やりたい事でなく、したくないことを考えると視野が広がる
かもしれませんね。

自分のしたくない事柄を避け、かつ
すぐにでもお金を稼げるビジネスをするんです。
で、僕のおすすめの方法があるんですね。
それは初動に全力をかける方法です。

やる気のない、お金にあまり興味もない傾向の
ひきこもり・ニートは成果がないとすぐにあきらめます。
それはもう簡単に。本人の努力不足かというとそうも
断言できない。

育った家庭環境も作用しているでしょうね当然。
順風満帆でひきこったりニートになる人はいませんから。
不遇なんです。打ちのめされたからひきこもったり、
仕事をしたくない精神状態なんです。そしてすぐダウナーになる。
だからいけない。まだはやい。そのままずるずると
気分が落ち込むといつもどおりの生活にもどります。
でも、成果があるといかにクールぶってるひきこもりでも
仕事は絶対しないでござるの誓いを立てたニート侍でも
気分が高揚します。世間からの攻撃・理不尽・貧富の差・体力の差・
顔面格差・非モテ・出自・学歴などなど、そんなものはふっとびます。
俺はやれたんだぞーーーってなります。

ではお金をはやく稼ぐためにする行動はというと、
初動に全力をかけることです。
なるべくはやく。だってそうしないと気分の差が
はげしい傾向があるひきこもりやニートはすぐに
あきらめてしまいます。だからこそ初動が肝心なんです。
できればお金を収益を獲得したいところですが、
集客、お問い合わせを目標にしてもいいと思います。
お客さんが反応してくれた経験ってのは貴重です。
貴重な体験です。いわばセカイが認めてたんです。
いかに小さいセカイでも。
ひとりの人間が行動してくれるきっかけを仕組みを
構築したのは自分自身なんです。自信がつかないはずがないんですね。
そしてお金を稼げたらさらに上を目指せるんです。

お金を稼いで銭勘定していくと、薄れてきます。
やりたいことがないと焦っていた感情が。
それよりも目の前の仕事をこなさなければとの
思いが強まり、意義を勝手に見出してきます。
人の本能でしょうね。どんなことにも自分なりの
意義を探し、とってくわえ、こじつけても価値を見いだす。
やりたいことがないからどうしよう。そんな悩みが
低次元のものにみえてくる方もいるはずです。
それよりもこれからどのように事業を展開していくべきか、
もっと稼ぐためにはと頭がフル回転するでしょうね。
よい流れにのった方は。
ひきこもりでもニートでも。

初動に全力をかけるといってもそう簡単に全力はだせません。
なぜ初動が重要かというと「お金を稼ぐ実感を持つ」ためです。
たぶん、初動がうまくいき、お金を稼げたとしても失速するでしょう。
なかだるみします。必ず。でもいいんです。
お金を稼げた実績があり、仕組みを確認できたから。
次はコツコツ長期化して細く長く稼ぐ仕組みを立てるだけです。

気分がのったときだけ本気をだすような感じでいいんです。
精神の波が激しい僕が実践していますからね。
そして成果もでてきていますし、クレームもありません。
急激に売り上げが落ちることもありません。
普段は気を抜いているけれど、ときどき本腰をいれてもいい。
そのような仕組みを構築し、起業すればいいんですから。

まとめ

  • やりたいことを無理に探す必要はない。
  • やりたいくないことを明確にして徹底的に避ける。
  • 何か商売をはじめて成果がでれば勝手に意義をみつけて
    「やりたいこと」になっている。

行動を先にするってことですね。やる気をだすには(作業興奮)。
一見、矛盾していそうですがこれが良いんです。

注意点

ひきこもり・ニートだって性質は千差万別。
当記事は、「こだわりがない」人向けの記事となります。
本当はしたいことがあるのに見ぬ振りしている人向けの記事ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。