報酬ゼロのアフィリエイト失敗者がすぐに稼ぐ方法

やる気を失って更新しなくなったブログを売るには?

サイト・ブログを売る。これだけです。
サイトM&Aですね。
早ければ 1 週間ほどで商談がまとまります。

サイト売買における購入者側の気持ち

サイトを所持する売る側では見えない部分があると
最近ようやく僕は思い知りました。

僕はサイトを売却した経験があります。
しかし、購入した経験はありません。
ただ、買い手の気持ちはわかります。
分かってきたと表現するのが適切かもしれません。
なぜなら買いたいサイト・ブログがいっぱいあるからです。
当ブログを閲覧してくださっている方はご存知のとおり、
僕はニッチビジネスと呼ばれるものに次々と手を出しては
失敗・または小成功しております。断然失敗がおおいですけどね。

手がけるニッチビジネスの呼称やサービス名などの
ワードは端的に言うと「弱い」ものばかりです。
Googleアドワーズ キーワードプランナーの月間検索ボリューム
を調べると300~400 ほどの検索回数が多いのです。
ほとんど認知されていない。
だからこそ僕みたいな低スペ引き篭もりでも
食い込めるのです。

ニッチなビジネス・ワードを見つけ、
そこで、シメシメすぐに上位表示してやるぜ!
とサイトを開設しても上位表示されるまでに時間がかかります。
先行して情報を仕入れられていれば、
すぐに上位表示できるのですが、そうはいかないときが多い。
原因はニュースサイトや力の強い個人サイトです。

ニッチビジネスでよくあるのが、力の強い個人サイト

:2chまとめや影響力のある個人ブログ・アフィリエイトブログ

が検索上位をしめ、当のサービスや物を売る業者陣が軒並み
検索2,3ページに追いやられる展開です。
ただ、サイト内の記事を増量していくと徐々に上位に
表示されていくのは通例どおりです。

検索汚染ともいえる2chまとめサイト・ブログが上位を
占めていてもニッチビジネスの呼称やサービス名などに
書かれた記事は1ページだけですからね。
頑張ればなんとかなります。

しかし、時間がおしい。
ニッチビジネスは実際に上位表示され、お客さんの反応を
みないと実態は分からない。
上位表示されない時間はそのまま撤退するかどうかの
判断が先延ばしになるのと同じです。

でも、解決法はあります。
お金で解決です。つまり個人ブログを買い取るのです。
今はトレンドアフィリエイトが流行っており、
個人の方でも情報量が豊富で作りこまれているブログが
たくさん生まれています。反面、閉鎖してしまうブログも多い。

なかにはニッチワードで上位表示されているのに、
数年間も放置されている個人ブログがあるということです。
僕もとあるニッチビジネスそれ自体を指したワードで
検索したところ、上位陣が放置されたトレンドアフィリエイト目的の
個人ブログばかりだったことがあります。

本当にmottainaiことです。

自分の価値を分かっていないとはこのこと。
しかし、サイト売買の実態や買い手側の気持ちが判明しにくいので
当然のことかもしれません。
サイトやブログ所持者である売り手側はサイトで発生する
「収益」だけを元に販売額を計算されると思っているのかも
しれません。実際はそうではなく、たったひとつの、とある
ワードで検索上位に表示されているだけで数十万円で
売れる可能性もあるのです。

※動画は本記事となんら関係はありません。

アフィリエイト収益がまったくなくても
とあるワードで検索上位に食い込めていれば
売れる可能性があるのです。

僕も欲しいと思っている個人ブログがあります。
独自ドメインではなく、無料ブログで作成されたブログです。
「このブログは1ヶ月間~」の広告表示が
確認でき、最新記事をみても1年前。
アフィリエイト広告は貼ってはいてもこれでは
ほとんど報酬は見込めないでしょう。
継続するやる気がなくても月数百円でも報酬があれば
定期的な手入れが入るからです。
専業アフィリエイターではないのかもしれません。

では、このまったく収益性がないブログにいくらの
値をつけるのか。各事項のチェックができないので、
適正な値段は付けられません。
それにサイト売買は買い手によって大きく左右されます。

ただ、僕自身は最低 2 万円。
内容によっては 5~8 万円までは購入する意思があります。
アフィリエイト報酬がまったく発生できなくてもです。
たった1つだけのワード、
それも月間平均検索ボリュームが 300程度でも。

サイト売買については売り手側に買い手側の
気持ちがなかなか理解できないので、
売却さえしようと思わない方がほどんどだと思います。
そうでないならば特定のワードで上位表示されているのに、
むざむざ放置しているブログがネット上にあふれている
はずがないです。

トレンドアフィリエイトブログでなくても
サイトやブログを所持しているのであれば
売り出すのも視野にいれていいかもしれません。

サイト・ブログを売り出す方法

売る場所は、サイト売買と検索すれば
仲介業者がみつかります。
問い合わせフォームで必須項目を埋め、送信。
その後に大体の相場が教えられる形態をとっている
業者もいます。詳細な情報を送れば、適切な査定をしてくれるので
売り手側は楽でしょう。購入希望者も身元が判明するように
サイトへ登録する形式をとっている仲介業者であれば、
詐欺に遭う可能性を低くできます。

ある程度の収益があり、しっかりと作りこまれている
サイトを所有しているのであればこのような、
査定・購入者の信用担保をしてくれる仲介業者が楽だと思われます。

ただし、メリットばかりではありません。
この手の仲介業者ではしっかりと作りこまれ、収益が発生していないと
相手にしてくれない可能性が高いのです。
実際にサイト売買仲介業者のサイトを見ておくといいかもしれません。
とくに、売却案件一覧を見てください。
軒並み売却価格が数百万円の案件が並んでいる場合、
門前払いをくらうかもしれません。
もちろん収益が発生しているのが前提です。

また、個人間でサイト売買の場を提供している
サイト楽市
も存在しています。
所有するサイトの値付け・交渉は自分でしなければ
いけませんが、自由度は高いです。
交渉に自身があれば相場より高く売れる可能性もあります。
ただ、ひやかしの問いあわせや情報を得ようとする人たち、
それにサイトブローカーも入り乱れているので詐欺、
時間を無駄にしないような対策・注意が必要です。
サイト楽市でも「事業」を売る面が押し出されている
雰囲気なので収益がゼロのサイト(物件)は
なかなか売りにくいでしょう。
人気案件ランキング・受付終了状態になっている
案件のほとんどが収益が発生しているものばかりですから。

個人がブログを売るには?

では、個人がアフィリエイト目的で作成したのに
収益が発生しなかったサイト・ブログを売るには
どうしたらよいか?それは簡単です。
とんぴしゃで買い手側にアピールする方法があります。
サイト・ブログのトップページや目のつく場所に
「このサイト売ります」と書いておけばいいのです。
運営期間やどれほどの文章量があるのか、
どこからリンクをもらえているのか、など。
情報を開示すればするほど買い手側がコンタクトを
とりやすくなります。
そして大切なのが、スニペット(検索結果の一部)にも表示されるように
すること。
なぜなら検索してもらってもクリックされるとは限りません。

ちなみにスニペットとは下記の画像で赤色破線で
囲った文章を指します。これですこれ。↓
スニペットの説明画像 スニペットとスペニットを間違っていたのを 今回の記事で確認できました。
いやぁなんでも書いてみるモンです。

また、別の方法もありまぁす。IPS

使い古された手ですが、掲示板に書き込むことです。
宣伝掲示板と標榜している掲示板は
なにからなんでも宣伝できちゃうのです。
「道具屋」の書き込みが長年放置されている
掲示板も存在します。かなり自由です。
業者が自作自演のために運営している掲示板でも
なんでも宣伝しましょう。
買い手に届かないことには何も売れません。
どんなにアクセスがあり、作りこまれているサイト
であっても。

ただ、注意する点がひとつ。
直接リンクが設置できる掲示板でもしないこと。
なぜなら低品質なリンクを受け取らないためです。
書き込み自由な宣伝掲示板は偽ブロンド品売買業者や
ネットワークビジネス、その他にはアダルトサイトの
書き込みがたくさんされています。
ブラックハットな 逆 SEO の手法はまだ通用すると言われている現状、
やっかいな展開を避けるためにも直接リンクはしないほうが無難です。
僕が実際にブラックハットなSEOの効果を確認できたのは
2 年前です。最近の事例ではありません。
しかし、逆アクセスランキング ブログパーツにより、
低品質なサイト・ブログから強制的に
「相互リンク」状態になり、検索順位・ページランキングが
急激にさがった事例は確かにあるのです。
リンクに対しては慎重になるべきでしょう。

すこし、長文になってしまったので、
ここで区切らせていただきます。
売る側の作業内容・作業の流れ・交渉の仕方・
自己による相場の出し方などの具体的方法。
そして肝心の受け渡しについての詳細は
別記事にしようとおもっています。

僕のサイト売却の実体験は過去記事にありますので、
参考にしてください。ほんと誰にでもできます。
過去記事誰もおしえてくれない個人間でサイトを売買する方法―ひきこもりが2ヶ月しか運営していないサイトを8万3千円で売った経験から

ここまでお読みくださりありがとうございました。

ひきこもりでも起業・アフィリエイトで稼げる! サイトマップ(目次)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。