アフィリエイト失敗者でも可能性があるウェブサイトを上位表示して稼ぐ方法

引き篭もりでもできるネットビジネスについて

サイト上位表示スキルだけでひと稼ぎ

商売のネタ
引き篭もり+ニート憧れの仕事。
それは在宅でできる仕事。SOHOですね。
でも自分で作ったものを売るという選択もあります。
ハンドメイド品ではなくてもいいんです。
それに、アフィリエイトを試み、失敗した
引き篭もりでもできる稼ぎ方っていうのは存在しているものです。
まずはどのような商売のネタがあるかを探ってみます。

1度は見に行く定番ウェブサイト

「商売のネタ」で検索した経験がある人ならば
一度は訪問した機会があるだろう
「儲かる商売ネタ、儲かるビジネスネタ」
独立開業・独立起業・集客研究会(以下、集客研究会)が
運営しているウェブサイトです。

検索ワード「商売のネタ」で1位
「集客方法」で 2位「商売」でも 3位など。
ビジネス関連の黄金ワードで上位表示されています。
テキトーに打ち込んで訪問した方もいるのではないでしょうか。

集客研究会は情報商材販売をもちいて集客方法を
教える事業をしているのですが、集客コンテンツとして
商売(ビジネス)のネタを公開しております。
なかなか売り上げのあがらない事業者へ向けて、
率直に商売のネタでおびき寄せているわけですね。
なかには「いまのビジネスは自分にはあっていない」と
悩み、新しいビジネスを探している事業者にも訴求するできます。
もちろん集客に困っている事業者にも。うまいですね。

商売のネタ

ぼかして書いてある商売のネタもありますが、ほぼ分かると思います。
テレビやネットで騒がれる前、早い時期から代理出席ビジネスや
宅配・出張クリーニングビジネスを紹介しており、情報の入手速度と
公開速さでは他サイトよりは抜きん出ていた印象です。
会員を集めているので情報網ができあがっているんでしょうね。
昨今の新ビジネスとかいわれる「代行系」の商売は便利屋さんが
発祥だったりしますので、ある程度の人脈があればテレビやネットで
注目される前に情報を掴めます。
ただ、残念なことに更新がありません。
ぼかされて紹介されている商売のネタも、ネットに
情報がながされているので知っているだけで優位に立てるネタ
ではもはやなくなっています。

郵便物確認ビジネスに取り組もうとした引き篭もり

紹介されている商売のネタには仕組みを変えれば
引き篭もりでも可能なものもあります。
僕が以前、注目したのは郵便物確認ビジネスです。

夜間は出歩ける引き篭もりなので、郵便物確認ビジネスに
取り組もうと本気で思っていたこともあります。
ただ、僕の場合は車(足)となるものを持っておらず、
早々にあきらめました。

調べてみると、海外出張者向けだからこそ
成り立っているビジネスであり、田舎だとそうそう
長期の海外出張者はいないと判断したためです。
ただ、やっていれば何か掴めていたかもしれません。
しかし、家に引き篭もるのが基本スタイルなので
きっと挫折したでしょうね。

引き篭もりでもできるネットビジネス

引き篭もりでもできるネットビジネスについて集客研究会の商売ネタ一覧を読み込んでもしっくりくる
ネタはないと思います。引き篭もり・ニートにとっては。
なぜなら自分から能動的に外出する過程が必要なビジネス
ばかりだからです。資金がほぼゼロではじめられても
車を所有していなければならなかったり、協力者、部屋が
ないと始められないビジネスが占めているからですね。
ただ、なにも希望がないかというとそうではありません。
注目していただきたいのは、項目:優良ビジネス27
1 ページが数百万円?ビジネス」です。
すぐ勘づいた方もいるでしょう。
そうです、当ブログでも推している
「サイト売買ビジネス」です。
ちなみにサイト売買もネットビジネスに該当します。

どうして1ページが数百万円になるのか?

簡単にいうと特定のワードで上位表示された
ウェブサイトを売り出して利益を獲得する方法です。
普通のサイト売買とどこが違うのか?というと、
ほぼワード一本勝負なところでしょう。

サイト売買で売り出されている案件(ウェブサイト・ブログ)
は収益が発生しているものがほとんどです。
アフィリエイト報酬や事業で収益が発生しているのが
最低ラインとの暗黙の了解が蔓延しています。
事業収益を元に販売価格を算定するのが一般的なので
仕方がないです。
仲介業者も収益がないウェブサイトやブログは
お問い合わせ時点で断りますからね。
個人間売買を仲介するサイトもまだまだ普及しているとは
いえません。

その隙をついたと言えるのが上記であげた
サイト売り出しのビジネスですね。

仕組みは簡単。
上位表示されたサイトに広告文を掲載するだけ。
言うだけは簡単。そう簡単にできるものではないでしょう。
ビックワードもスモールワード、狙い目のニッチワードも
アフィリエイターが血眼になって探し、サイトとコンテンツを
量産しているのですから。

上位表示だけのスキルで稼げるビジネス

ただ、アフィリエイターのなかにも得て不得手があります。
訪問者が少なくても利益を上げつづけられる者、
アクセスだけは突出している者、メルマガ誘導だけは得意な者。
そして、上位表示だけはなんとかなっちゃう者。
結構存在しているんです。
え、なんでこんなコンテンツがすかすかの
サイトなのに上位表示されているの?ってサイトが。
ふつう、そのようなサイトは強力なドメインで運用されていたり、
被リンクが付いているのがお約束です。
でも、できちゃう。特にSEOも集客、文章作成の勉強も
してないのに上位表示できちゃう羨ましい人ってのが
いるんですよね。しかし、稼げない。

アフィリエイトは上位表示ができれば一定の稼ぎは
得られるものなのに、です。
能力があるのに活かせない人は居るものなんですよ。

そのような「おしい方」はアフィリエイト思考ですので、
上位表示できても報酬がないと「才能がない」って思い込んで
更新を停止して放りっぱなし。

「このサイトは売り出し中です」と、広告文を
1 行掲載するだけで売れる可能性があるのに。

売り出さないことには買い手はみつかりませんよ。

サイトを売り出さないと買い手はみつかりません。需要があるワードで上位表示されているのに放置されている
サイト・ブログは溢れています。
でも、そのような放置ブログを抱えている人はすこし視点を
変えるだけで稼げる可能性が大きくアップするというわけです。
サイトを売る思考に変えれば。

「収益が発生していないサイトは売れない」
との古い既成概念をとっぱらえば儲かるでしょう。

僕のようなニッチワードでさえ上位表示が困難な
人間は別でしょうけれど。

まとめ

  • アフィリエイトが下手でも上位表示される技術だけで稼げる
  • 収益が発生しないサイトでも売れる
  • 引き篭もりでもできる仕事はある

まぁ、なんというかあれです。
頭の良い人ってのは表にでなくても稼いでいるものだなーと思いましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。