ぎこちない文章を回避しよう-ブログでつかう接続語

img_setuzokugo_ol

接続語がまったく分からない。

img_setuzokugo_ol
国語なんてスイミーとクラムボンくらいしか覚えてないよ。
頑張れスイミー! 現実逃避

接続語とは

言葉と言葉、文と文、段落と段落をつなぎ、前後がどんな関係であるかを表す言葉。 –接続語一覧表-【中学受験専門 国語プロ家庭教師】東京・千葉

僕がしているアフィリエイトはトレンドアフィリエイトではありません。
捨て記事になると分かっている文章なんて書きたくないからです。
でも、話し言葉はむずかしい。やんわりと、ふんわりとした印象を
求めてあれこれ試したのですけどね。
放置方サイトはで~ある調で書いているのでまだ慣れています。
しかし、接続語はすんなりでない。
ブログ初心者サイトでも
「レポートではないのですから、やんわりとした印象を与えましょう」
と書いてあります。
それゆえ「だが、ではあるが」を控えようと心していますが、
むずかしい。段落や小見出しでごまかしているので、どこか
ぎこちない文章になってしまう。どうしよう。

と、いうわけで中学生レベルから出直し。
手元にある文章の書き方本には載ってないので検索ぅ。
わかりやすげなサイトを発見。

接続語一覧表-【中学受験専門 国語プロ家庭教師】東京・千葉
ttp://www9.plala.or.jp/juken1/setsuzokugo.htm

文章の接続 – 一輪庵
ttp://homepage1.nifty.com/shimada_lisa/knife/conect.htm

衝撃。接続語に種類なんてあったんですね。いや、考えれば分かるけど、
あらためて見返すとなんか不思議な気分。文章のつなぎに悩んだら
とりあえずここを見ればなんとかなりそう。

ところで、判明したことがあります。
頻繁に使用する接続語と、そうでないものの差がでかいこと。

「ゆえに」なんて使ったことあったかな?
なんかカッコいい。さりげなく使うと頭よさげなイメージ。

・順 接(じゅんせつ)…前のことがらが原因・理由となり、
その当然の結果が後にくる。
ブログでよく見かけるのは 「だから」が多いと思います。

例:「大抵の方はネットビジネスは稼げないと一方的に思っています。
だから稼げないのです。思考は実現する~」って感じにね。

・並 列(へいれつ)
自分の過去記事を見返すと、「また」で文章をつなげてばっかりです。
書いてる途中で分かるんですよね、また「また」を使うことになるな…って。
並列な文章でもないのに多用してました。

と、思ったら「また」は添 加(てんか)
前のことがらに新しいことがらをつけ加える―にも使えるようなので、
あながちはずれではないのかな。文章わかんね。

・説 明(せつめい)

なぜなら(理由・根拠)、つまり、すなわち、
ようするに(換言…言いかえること)、
たとえば 、言わば(例示・比喩)、ただし、もっとも、なお(補足)

トレンドアフィリエイトには使いそうにないものばかりな印象です。
ほとんどゴシップや事件のあらましをリライトするだけですので、
記事作成者の視点・補足説明が入らない限り使う機会はないかな。

一方、非トレンドアフィリエイトであれば、頻繁に使うでしょうね。
商品の効能やサービスの優位点を説明する物販アフィリエイトでは
必ず使用するでしょう。

個人的注意点。

「だから」は常体。記事内でだからを使ったら「ですから」は控える。

「ですから」は敬体文。どちらかで統一。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。