【地味に効くSEO】更新履歴ページの活用方法

update_640

ひさしぶりに真面目に書いたよ。
更新履歴はちゃんと記しましょう。
ただそれだけで相手より一歩先んじることができます。

アフィリエイトサイトだけでなくビジネスサイトにも有効です。

更新履歴の重要性

更新履歴の重要性を唱えるウェブサイトが以外に少ない。
地味に効くのにもったいない。

利点を伝えるウェブサイトはすくないけれど、
すでに活用している方であればその効果は身をもって知っているとおもいます。
張ったり用にもつかえますからね。

当ブログはお金を稼ぐ手段をもたないひきこもり・ニート
の方に向けているので、本来であればビジネスサイトの作り方や、
ページ構成を先に伝えるべきだと思います。
しかし、初期に更新履歴の重要性を知っておかないと
あとから面倒な細々とした作業が発生するのです。
だからあらかじめ言っておきます。

更新履歴ページはちゃんとつくりましょう。

更新履歴が軽視されている

はい。更新履歴の意味ってなんでしょう。

更新履歴の効果とは?
まず、ブログが普及している現在。
更新履歴の重要性を伝える人はすくないです。

「更新履歴 意味」と検索してみても
古い情報ばかりです。
最近言及されたウェブページがあまりありません。
ほかのSEO手法はうざったいくらいにあふれているのに。

まぁ、見栄えがよくてお客さんへの「売り込み」に使うには
地味すぎますからね。伝えるメリットはあまりない。
情報商材を扱うウェブサイトやブログであればなおさらです。
紹介記事になかなかつながらない。
もっと効率がよい方法はいくらでもありますからね。

だからなかなか「これだ」という記事がみつからなかったのです。

しかし、実際にビジネスサイトを運用している方は気付いてます。
伝えないのはそこまで義理がないからですね。たぶんね。

更新履歴の意味とは

更新履歴には大きく分けて二つの意味があります。
ひとつは更新作業・管理業務向上のため。
どの記事を更新したのか、どの記事を新規公開したかを
書き止めておくことにより、全体の俯瞰でき、
「この記事は更新して1年たったからそろそろ手入れするか」
「更新しつづけている記事は評判がいいってことだよな、
そこから新規サービスのヒントにならないか?」
など、思索ができるってわけです。

当然ながら手入れ箇所を確認しやすくなる効果もあります。

もうひとつはSEOとして。
更新履歴をひとつの記事にまとめ、リンクを張り、
詳細を書いていくことで「更新履歴ページ」が検索上位に
浮上するのを期待できるわけです。内部要因ですね。
事実、新規ページを公開するたびに手入ればかりしている
更新履歴ページが検索上位に入る機会がたびたび起こります。

なお、更新履歴作成のしかたは基本手動です。
記事の自動抽出・整理するプラグインを使わずに
自分の手で記入します。自分の文章で書かないといけません。
特定のカテゴリのリンクを一覧生成してくれるプラグインは
あっても、記事ごとに適した説明文章を挿入してくれる
プラグインはないからです。
運営している人間自身が書かねばなりません。

更新履歴の設置場所

トップページ(フロントページ)

まずは基本。トップページです。
ブログが流行るまえからホームページを公開してきた
古参の方はおなじみですね。
ブログは更新すれば勝手に日付が付く機能があるので、
わざわざ更新履歴は設置しなくていいんです。
記事を更新するだけで閲覧者が気付いてくれます。
いっぽう日付がないビジネスサイトでは更新履歴の表示が
重要となります。日付が記事に挿入される形式であっても
ブログ以上に更新を印象づける、アピールするのが非常に
大切です。

位置

閲覧者の目にすぐに飛び込むような位置にします。
ビジネス・商用に使われるのを想定したテンプレートは
ほぼ更新履歴が設置済みです。

目的はご存知のとおり、更新している=生きていることを
閲覧者にアピールするためです。
更新されていないとおもわれると、「古い情報ばかり」との
考えを抱かれる可能性があるからです。
なお、ビジネスサイトであれば 1週間に1記事投稿していれば
頻度が高いと言えます。

文章量

簡潔に一行でOK.
日付とともに表記します。
例)3/30 NEW! 更新履歴について 新規公開

サンプル

TempNate (テンプネート)から拝借しました。
下記画像でどういうものかすぐ分かると思います。

更新履歴トップページ運営者のためではなく、閲覧者のために設置している形式となります。

個別記事(更新履歴ページ)

個別に記事を作成する形式です。
更新履歴だけを記入する専用のページですね。
目的は、誇示用とでもいうべきでしょうか。

「おれはこれだけ真剣に運営してきたんだぜっ」と、誇示をするのですね。
これは競合へのはったりとしてもつかえます。

とくにこれから同分野・業種へ参入しようとしている者は、
サイトマップとともに、この更新履歴を注視しやすい傾向にあります。
なぜなら更新履歴で大体の更新間隔・狙っているサービス・力を入れている
商品などが簡単に推測できるからです。

そのような新規参入予定者に、運営歴の長さ、つまりは経験数の多さを
見せつめるためでもあります。事例ページやよくある質問ページが
一定の期間で公開・更新しているとわかれば相手はひるみます。躊躇します。

ひるんでも参入する人はいますよ。
しかし、強い競合がほぼ独占状態にあるサービス・商品は狙わず避けます。
同じ業種であっても力を入れている商品・サービスは異なりますから。
しんどい道は選びません。大抵の人間は。

だからこそ、「あ、このサービス売り出そうとおもったけど強い競合いるから
別のにしよう」こう思わせるのにつかえるんです。

自分では実感しないでしょう。けれど自覚がなくても効いているはずです。
僕も経験がありますので。参入を企む側でも、防ごうとする側でも。

もうひとつ。
注意深いお客さんが更新履歴ページをみたときに圧倒させるため使えます。
無論、わざわざ更新履歴を見る閲覧者はほとんどいません。
熱心に読んでくれるのは同業他社である競合だけです。
しかし、そこまで注意深くウェブサイトを見てくれるかたは
リピーターになりやすいと思われます。
なので、ここでアピールしとくのです。
バーーーーって公開ページのリンクを並べているだけでもいいんです。
それだけでも、
「これだけ長期間にわたって更新してきたのか」
「真面目にやっているんだな」
こう感じてくれる方はでてきます。

位置

個別記事なので位置は関係ありません。
リンク方法は サイトマップとサブメニューに設置する程度。

書き方

書き方は自由です。
日付とどのような更新をしたのか表記すればいいだけです。

僕は目次作成用プラグインを使っています。
年度別に大見出しを作り、小見出しに日付を書いています。
あとは自由にすればおっけー。
最低限に必要なのは以下の3点。

  1. 日付
  2. 更新ページへのリンク
  3. 更新説明

例)
2015年 (大見出し)
4月1日 (小見出し)
新規ページ公開「やばい
エイプリルフール用の記事。
ひきこもりであり、かつ新興宗教に洗脳されている母を
実体験をまじえて書いた記事です。

更新説明は1,2行であっても、更新を重ねていくと
すぐに、2,000~3,000文字に到達します。
SEO的にも地味に効いてきます。
誰もまじめにやらないからこそ、狙い目です。
新規記事を公開したらかならず更新履歴記事を「更新」する
癖をつけてください。

ひきこもり・ニートにとっての 1番のメリット

運営の補助として、またSEOの観点から更新履歴の
重要性を説いてきました。
しかし、僕のなかで一番だと思えるメリットがあります。

それはやる気向上のため、です。

どういうことか?

それはいままでの積み重ねがひと目でわかるからですね。
サイトマップ(目次)とはちがってどの記事を新規公開したのか、
どのように手を加えたのか、等を把握できるんです。
やる気の湧かないときに縦に伸びまくった
「更新履歴」記事を眺めると「飽き性の僕でもここまできたんだ」
感慨深くなるんです。そして、運営してきたサイトに愛着を抱きます。
愛着を抱けばより丁寧により記事を多くしようと思っちゃうんです。
で~も~~ひきこもりなので、やっぱりすぐ飽きちゃうDA!
だけどそれでいいんです。
やる気のあるときに更新作業をしていけば。
断続的な更新でかまいません。
だってやる気のゆれ幅が日によって大きく異なるひきこもりだもの。

運営の手助け・SEO・やる気(モチベーション)に効果がある更新履歴。
けれどもっと利点(メリット)はあるんです。
ですが、忘れました。

あんまり刺激がないひきこもりにはこういうことってよくあるよね。
法令線もくっきりしてきたし、まじゃばい(JK風)。

まとめ

  • 更新履歴はトップページ・個別記事の二箇所に設置する。
  • トップページの更新履歴はお客さまに魅せるためにある。
  • 更新履歴は運営の手助けにもなる。
  • 更新履歴を重ねることによってSEO効果を期待できる。
  • 更新履歴をつけることによってモチベーションの向上・維持ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。