アニメ視聴で忙しいニートでも稼げる完全在宅ネットビジネス

アニメ視聴ながら作業でもできるネットビジネス

タイトルは少々誇張入ってます。

自分が実測したわけでもないですし、
1日中アニメばかり見てたら作業をしないということになります。

ですが、完全在宅で可能なビジネスであることは間違いございません。
さらに朝寝て、夜に起きる生活サイクルのひきこもりにも適しています。

私も似たようなネットビジネスをしていますので、
この仕組みは稼動すれば利益があがるものと少々の自信は持っています。

ニートでも稼げる仕事はないの?あるの?

度々、引きこもり・ニートの方の相談に乗っています。

しかし、起業をしたい分野がわからない・見当たらない方ばかり。
そこで、僕は自分が実行しようとしていたアイディアを
渡します。ほとんどリスクがなく、在宅で可能なビジネスですね。

でも、相談者さんは「無理無理」と拒否します。
アイディアを実現するのはとても難しいためですね。

経験がない方にとっては怖いのです。

アイディアといっても「構築」ができないとお金は手に入りません。

例えば「Aという商品をつくりだしてB(お客様)に売ればいいんじゃね?」
という2chの起業スレに気楽に書き込まれたような提案があったとします。

でも、上記の商品の提供する流れについては言及されていません。
空白です。その空白部分を埋めるのが起業者(自営業者)の勤めです。

空白を埋めると起業できる

この空白は実にやっかいで面倒です。
ひとつひとつどのような作業をするか自分で決めて実行していく
過程が必要なためです。選択・決定の連続です。

Aという商品を売るためにまずは仕入れよう→
仕入れるためにはどうしたらいいのか?→
ネットで卸し業者を見つけよう→
ネットショップを保有していないと仕入れられないと判明→
ネットショップをつくろう→
どこのサーバーにしよう?ドメインはどうしたらいいの?→
まずは検索して検討してみよう。
などなど。

順番に差はあります。
最初からネットショップをつくる方もいるでしょう。
戸惑うこともたくさんあるでしょう。

けれど何回か経験するとこの空白を埋める作業の
難易度が下がり、実行速度もあがります。

スモールビジネスを立ち上げて失敗。
たまに小成功するタイプの人ですと立ち回りがまずはやいです。
思いついたら即実行しないと何も得られないので
事業の立ち上げ速度をあげていかないと稼げません。

ちなみに僕が前述の方に教えたアイディアは
夜間でも即応可能な害虫駆除の便利屋です。

便利屋だけと単一サービスに特化するので便利屋ではないのですが
「便利屋」+ワードで検索する方が多いのでとりあえず
便利屋と看板だしてください。

夜間対応可スピード重視の害虫駆除便利屋

売りは「深夜も即対応」。

そして提供するサービスは「ゴキブリ捕獲」「クモ退治」などの害虫駆除系。
駆除とはいっても簡単な捕獲・退治レベルです。

大規模な駆除はいたしません。
あくまでサービス対象は「1人暮らしの女性」や「虫が嫌いな人」。
ゴキブリ・クモ・ヤモリなどを自分で退治できない方向けの
ビジネスとなります。お店ではなく個人宅が対象です。

また、仕事を請けて提携先に投げるだけですので、スキルはとくに
必要ありません。

これは引きこもりの生活サイクルを利用したスモールビジネスです。
夜型の引きこもりには最適です。

連絡手段も電話やLINE・メールを駆使できる方であれば十分。
電話連絡ができない軽度ひきこもり向けですね。

便利屋とはいっても実際はただの仲介屋ですから
難易度は低いです。

イメージするのだ

まずは、実際に仕事をしているイメージを思い浮かべてください。

午後6時ごろ、下校してくる学生が落ち着いた時間帯。
のっそり起きるあなた(ひきこもり又はニートと仮定)。

まずは遅すぎる朝食を食べながらネットゲームに没頭。
アニメ・動画を視聴します。

たまにお気に入りのサイトを巡回して更新があるかどうかをチェック。

その後もPCモニターでアニメを消化。
ときには「今期のxx(アニメ製作会社名)は駄目だな」と、
通ぶった批評をしながら珈琲をすすっています。

深夜1時。家族が寝静まったときに台所で食料を調達。
部屋に戻って今期の覇権アニメを考察しながらまとめブログを
チェック。たまに飽きて、アニメ視聴に戻ったりまとめブログを
読みこんだりと忙しい。

「ああ、俺が二人居てくれれば!」とメリケン人みたいに
嘆いたりしています。

すると突然メールボックスに新着メールが到達。
あなたは通知アイコン・アラームで新着メールを知ることになるでしょう。

アニメ視聴を一時中断し、開いてみると依頼のメールと判明。
何度も試行錯誤しながら作成した申し込みフォームからの
送信されたメールです。

そのメールには依頼者の氏名・住所(X市)・現状などが記載されています。

確認したあなたはすぐにデスクトップアイコンをクリック。
すると提携先をまとめたファイルが目の前に広がります。

そこで、検索ボックスに「X市」と入力。
X市に対応可能な便利屋・専門業者が抽出されます。
あなたは先ほど受けたメール文面をピックアップした業者に転送するだけ。

または県別にまとめた提携業者アドレスに、
依頼メールをテンプレートにはめこみ一括送信をするだけです。

すると手が空いている業者から連絡があなたのもとへ届きます。
業者「30分で依頼人の自宅へ到達可能」と。

この一番動きがはやい(反応がはやい)業者に任せて、
あとは一括メールで受注者が決まったことを知らせます。

そしてあなたは再度、今期のアニメを消化するという重大な
使命を果たすためにブラウザを立ち上げるなり、
動画プレイヤーの再生ボタンを押すのです。
※仕事完了後の業者への入金処理・連絡は省きます。

以上は、あくまでビジネス構築後の話です。

まずは受注媒体であるウェブサイトを開設しなくては
いけませんし、実際に仕事をこなしてくれる業者を
探さなければなりません。

ほかには、仕事を紹介した業者が紹介したお客様と
個別に依頼を受けた場合はどうするか?
直接依頼の際には再度紹介料をとるのかどうか。
キャンセル時の料金はとるのか?
とるとしたらどの程度でキャンセル料金は発生するのか?
キャンセル料金は一部でも自分ももらえるようにするのか?

また、各業者ばらばらの料金設定をどのように均一化するのかなど
も考えなければなりません。

差別化するために「売り」を重視

このビジネスの肝は夜間でもすぐに対応できる点です。
営業時間は個人便利屋でもなかなか動けない夜間に絞ります。
絞る分だけ差別化になります。

なお、見積もりをとっていては遅くなります。
事前に聞いていたとしてもお客様に見積もりを提示して
説明し、業者を選んでいただくだけでも時間がロスします。
料金の均一化は必須でしょう。
できるかぎりサービス提供までの時間を短くするかが重要ですので。

また、自分ひとりで対応できない時間帯もどうするかも
考える必要もでてくるでしょう。
家族に任せるか外注にだすかどうかを決めるべきです。

そう。何かにぶちあたったら「まずはどうしたらいいのか?」
これを考えるべきです。具体的な手順・作業を自分で
明確にして自分でこなすべきです。

たぶん、慣れていない方は頭が真っ白になります。

けれど自分がいますべき作業をひとつひとつ明確化していけば
かならず自分なりの、引きこもりでもお金を稼げるシステムが
構築できるはずです。

実際にかかる費用

実際の費用もほとんどゼロ円。

パソコン・スマートフォンを所持している方であれば
すぐに開設可能です。

できれば独自ドメイン・サーバーがあればよいですね。

それでも安いサーバーであれば独自ドメイン代金含めて
1 年間で5千円程度で済みます。

ウェブサイトを開設しても最初は依頼もこないので
気分が高まったときにだけコンテンツを入れればいいだけです。

独自ドメイン+ワードプレスだとまず、半年間はまともに
アクセスはないのでppap・・・じゃなかった、PPC広告を活用するのも当然あり。

その他、施策も必須。

緊急依頼の一見さんが多いと推測できるので、
問い合わせ箇所は通常の便利屋サイトより目立たせるなど
色々考えることもありますが、これもあとあと対応していけば良いだけ。
基本、難しいことはないです。

これでとりあえずは自宅で完了できるビジネスがつくれました。

自宅でできる仕事を検索するより自分でつくればいいじゃない精神です。

あと、電話は使用しなくてもとりあえずは稼げるでしょう。
口下手で上手くしゃべれないひきこもりでも安心だね。

しかし、緊急依頼の連絡手段は電話が主となりやすいので
利益はガクッと下がるはず。きっと下がる。というか
何割かのお客様はとりこぼす。確実に。

さらに業務提携の際には文書の取り交わしよりも、
電話で直接声を交わさないと提携してくれない業者が多いです。
昔ながらの方は「声を聞き、自分の耳で相手が信用できるかどうか」を
判断する傾向があるようにおもえます。
声・しゃべり方だけで相手を判断できる力量をお持ちの方が
いっぱいいるんですねぇ。(皮肉

ちなみに便利屋業界では連絡手段に電話をとりいれないと、
年収は3分の1程度になると言われています。

(例)
問い合わせ手段がメールだけであった場合、100万円の利益だとすると。
電話とメール、両方とりいれた場合は300万円の利益。

となると「電話であれば話せるひきこもり」向けのビジネスですね。
ガチひきは携帯持っていても携帯を使用しないのがデフォですから。

あと、電話でなくともLINEで手軽に依頼できるのをアピールして
なんとか対策も一応打てます。

利益を取りこぼそうが基本在宅可能なのでひきでもオッケー。
さらにほとんどリスクはないです。

ただし、ある意味規則正しい夜間型ではないといけません。
営業時間中に寝てしまうと依頼があっても処理できないので
利益は発生せず。そのため、

・電話対応ができる
・夜から朝方まで必ずおきている

以上の点を満たすひきこもり、ニート向けのビジネスですね。

なお、細かい点には言及していません。
提携先の探し方。提携メールの書き方・送付の仕方。マナー。
料金の交渉。業者リストの整理方法。カテゴリ別けの仕方。
メールクライアントの一括送信リストの作成方法などなど。
やるべきことはたくさんあります。

空白を埋めるんですよ。実際の細かい作業を洗い出します。
すると自分の成すべきことがわかります。

思わぬ事態が発生したときの対策を考えておく

本当にまったく資金がない方が恐れることは、
「返金要求」でしょう。
そのときの対処方法も考えてください。

たとえばお客様から依頼があったとき、提携している便利屋を動かしますよね。

けれど便利屋(提携業者)が現場についたらお客さま自身がすでに
処理(虫を捕獲)してしまっていた。このときどうするのか?

業者「あの~すでにお客様が自身で処理してしまたそうです。
いい難いのですが私も夜間出張をして、出張範囲ぎりぎりの
場所まで来ているので、さすがに 1 円も利益がないというのは厳しいのですが・・・」

このような事態に陥ったときどうするかを考えます。
そのとき、どうすか?です。

その場でキャンセル料金を便利屋に徴収してもらうのか。

後日、自分でお客様に連絡をし、キャンセル料金を
振り込んでもらうようにするのか。

または事前に提携業者と取り決めをして、
土壇場キャンセルの場合は両方とも利益はゼロ。
交通費は提携業者もち。
しかし、顧客情報は渡すかわりにこちらからは
一銭も支払わないと決めるのか。

次回は、仲介料金はなし(無料)として、業者側に納得してもらうのか。

無理にでもお客さまに支払ってもらうのか。

誰が損をするのか。誰も損しないのか。
または自分だけが損するかたちで収めるのか。

このように、実際の仕事のながれを考慮してみると、
どんどん考えなければならない事項があらわれます。

「xxしたいけどきっとxxなんだよな~」と、
表面的に思っているだけでは発見できません。
考えてください。

まとめ

  • 自宅に1日中いるひきこもり・ニートでも可能
    →外出の必要がないので可能
  • 基本仲介なので金銭的なリスクはほとんどない
  • 昼夜逆転生活が優位点となる
    →まともな社会人は生活の質が悪くなる昼夜逆転生活はしない。
    夜はしっかりと寝る。また、夜間対応の人員は雇うコストが高い。
    この点だけでも差別化となる。
  • 会話が苦手な人は収益が大いに落ちる可能性あり
    →業務提携の際には電話が必要となる可能性大。
    若い人でも緊急の場合には電話連絡をしてくると推測
    文字を打つのももどかしいため。
    結果、電話にてやりとりができないと機会を損失する。

デメリット

営業時間中はPCの前から離れられない。
起きている必要がある。

昼夜逆転とはいっても生活リズムが不規則な
ひきこもり・ニートにはきついと思われます。
規則正しい昼夜逆転生活をしている方にはさほど
デメリットとはならないはず。

2 件のコメント

  • はじめまして。どれもとても参考になる記事ですごいなぁと感心させられます。ただ本当のニートや引きこもりはかなりの確率で他人とコミュニケーションが取れません。上記の例えのビジネスはそこそこバイタリティがあり、コミュニケーションもある程度可能なニートや引きこもりには参考になりますがリアルに他人と関わりたくないコミュ障のニートなどには向かないでしょう。それ故アフィリエイトしか在宅で出来る仕事はないと私のようなニートは考えるのだと思います。筆者さんはまだ軽度のニートの方なのでしょうか。ただ、それでも自分の頭で考え自分にあった仕事を探すという考え方は最も大事なことですね。

    • コメントありがとうございます。いまさらですがご質問に回答いたします。
      >本当のニートや引きこもりはかなりの確率で他人とコミュニケーションが取れません。
      僕はメールですら他人と交流できない状態からビジネスを起こしました。
      実はこうしてコメントを返すのも怖いです。
      でも、仕事上のスイッチが入るとメール程度であれば大丈夫になります。

      >筆者さんはまだ軽度のニートの方なのでしょうか。
      いまでは近くのコンビニであれば買い物にいける程度の引きこもりです。
      雨の日になると傘をさせるので散歩程度であればまったく問題ないです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。