気がつくと三十路

猫と階段
階段と猫

競合某法人のご乱心

僕の所持しているニッチビジネスにネガティブキャンペーンを
しかけまくっていた某法人。
段々と情報が集まって来ました。
同業他社の誹謗中傷している馬鹿に付き合う時間はないので、
チェックはまったくしてなかったのですが情報が入ってきます。
お問い合わせしてくるお客様が「○○社に見積もり頼んだら○万って言われました。
この見積もりって詐欺ですか?」と、
わざわざ裏の、本当の料金帯を教えてくれる。
料金表では2万としていても依頼時には5万とかね。
完全に悪役じゃないか。某法人のほうが。

さらど、表面的な信頼度は某法人が上。
知識もない自分で考えないお客さんは某法人へ流れる。
でも、その流れが変わってきました。
理由としてはあからさまに同業他社の誹謗中傷行為。
新参であり、某法人の主力サービスの検索1位を獲ってしまった
僕だけではなく、他の業者へも誹謗の対象としたからです。
焦っているのが手にとるように分かります。
たぶん、僕だけではく他の同業にもお客が流れています。

何も行動をせずに現状維持さえしていればほんの少し売り上げが
落ちるだけだったのに。下手に策を弄するからこうなる。

某法人の間違いは他社の評価を下げることで相対的に優位に立とうとしたこと。
相対評価はしやすく、絶対評価はしにくい。
内部を知らず、与えられる情報でしか業者を選別できる材料を
持たないお客さんにとっては効果的。ただ、信頼を得ているのが前提条件。

自分では階段を上らず、他社には「階段を下がれ」とばかりに
ネガキャンをしまくる。

中途半端に悪の手法を使っているんです。
すでに勝負は決していました。

相手に階段を下がらせるはずが、いつのまにか自分が下がっていたオチ。

これは良い勉強となりました。
そして希望を与えることもできたとおもいます。
なぜなら事実があるからです。

非法人・自営業でも法人から顧客を奪えるという事実。

さらに、レンタルオフィスでも依頼がくるという事実。

当記事で指している僕が所持しているニッチサイト。
この特定商取引法の住所表記は実はレンタルオフィス。
おまけに検索表示をさけるために、住所を書いた文字を
スクリーンショットし、画像にしてから貼りなおしているという体たらく。
不信感満載です。

けれどいまでも依頼の申し込みがきています。
自営業だろうがレンタルオフィスの住所、それも規約により画像貼り付け
だろうが信用に値すると思われれば問題ないのです。

20代最後に新サービスへ挑戦

まさかアラサーどころかサーてぃん※ふかわりょう風 になるとは。
生まれたときからすでに親族一同貧乏。
高校時代はバイト漬け。稼いでも父にとられて貧乏。
いつも「稼ぐっきゃない」と思ってもこのザマ。
30になろうというのに普通免許すらない。
親も詐欺にあって貧困状態へ。
余波はこどもに向かう。
文化資本・環境・肉体的素質の格差を思い知りました。

しかし、まだ猶予があります。
20代最後の悪あがきとして20代最後に新サービスを開始。
他人にいったら馬鹿にされるか、需要なんてないよと
したり顔で言われるでしょう。
だからこそ、職歴もコネも資格もない人間が踏み込める領域。
うまくいったら僕のルサンチマンもすこしは和らぐはず。

あとは集客のために記事を書きまくるだけです。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。
使い方違うか。

2 件のコメント

  • ネガキャンに打ち勝ったみたいですね!
    おめでとうございます。

    >料金表では2万としていても依頼時には5万とかね。

    こんな事が普通にあるんですか。
    やはり色々グレーな世界だ。

    次の新サービスも良い結果が出ると良いですね。
    楽しみにしてます。

  • こんにちは。いつもブログ拝見しております。
    当方もニートだったのですが、管理人さんの記事に触発されて
    現在無事自営業として運営できております。きっかけをありがとうございました。
    いつも着眼点に感心しながら過去記事も再度読ませていただいております。

    管理人さんも競合に負けず頑張ってください!!
    次のサービスも成功するよう心から応援しております。

    ※お忙しいかと思いますので返信は不要です

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。