【ニッチビジネス】脅迫メールが届くのは嬉しいことでもある

脅迫メールは関西弁が多い?

特定の市場内において大手になると脅迫メールが届く問題について

脅迫メールが届くのは市場に影響力がある証左今回はあまり表にとりあげられる機会はすくない
事柄を記事に書かせていただきました。
競合との距離が近い、ニッチビジネスをはじめる方に
とってすこしでも手助けになれれば、と思います。

長い前置き

読み飛ばして貰ってかまいません。

一昔前とは違い、有益な情報を発信するブログが多くなってきましたね。
なに、上から目線で言ってんだ、と非難されそうです。
けれど僕はネット検索ジャンキーだったのでネット界の
自浄作用のほどを体感しています。
いや、ほんとは感じていないかもしれません。テキトー。

立ち位置をみなおしてみる

僕はいまアフィリエイトよりはニッチビジネスに注力しているので、
最新の情報を熱心に入手していません。
時間は限られているのでアフィリエイトかニッチビジネスかに
どのように分配するかが大切ですからね。
とくに、僕のような気分の浮き沈みが大きいひきこもりは。
やる気のあるうちに作業をこなさないとすぐにダウナーになるので、
しかたがないです。

しかし、アフィリエイト界ではトレンドアフィリのノウハウが
隆盛しており誠実な発信者さんたちが有益な情報を
もたらしてくれています。
ここで、我が振りを考えてみますと自分の優位性を活かしきれて
いないと分かりました。
以前、ブログをしていかったころは
僕も読者側でした。それも面倒な。

「もっと生ぐさい本音を言ってくれ」
「そんな抽象的な情報はいらん」
「ま~たひきこもりはアフィリエイトに最適論かよ~」

なんて考えて他人様のブログを読んでいたのを思い出しました。
過去の自分にとって有益なブログがほとんどなかったので、
自分がブログをするときは非アフィリエイトの情報をもっと
書こう、体験した事柄を、生の情報を発信しようと思っていたんです。
思うだけなら誰でもできる。
なので、身をひきしめるためにもここいらで
結構なまぐさい系の話をさせていただきます。
ニッチビジネスだスモールビジネスだといっても
独立的起業が多いですからねぇ。
正社員がないままひきこって実際にニッチビジネスしている
僕の体験は人によっては有益になるかもしれませんし、
ならないかもしれません。

脅迫めいたメールが届く

脅迫メールが届いた。ええ、きたんですよ。
メールが。
それもたった一行。

「おぅ あんま調子のんなや」

設置していたお問い合わせフォームから
送信されたものでした。
不思議と脅迫メールは直接メールアドレスに届く機会が
まれです。ほぼ窓口サイトのコンタクトフォームを
経由して送られてくるのです。

また、とあるビジネスサイトでも
脅迫とは言えないけれどかなり近い文章で
構成されてメールが届きました。
邪魔なら邪魔で面と向かって文句をいえないんでしょうかね。
いってもらっても困りますけれど。

ニッチビジネスは競合と近くなる

ぼくはスモールビジネスかつニッチビジネスをしているので、
自然と狭い範囲・市場に参加してしまうんですね。
競合がまったくいないビジネスから、いたとしても
片手で数える程度の市場に参入しています。
お互いの距離が近いんですね。肉薄しやすい。
そして数少ない顧客をとりあうから目障りな奴は
とことん目障りな存在に感じられます。

アフィリエイトですとある程度の棲み分けが可能ですよね。
たとえばアフィリエイトで石鹸をとりあつかうとしても
国内・海外と商品でわかれますし、香りに特化したサイト構成や
やデータにもとづく効果面を押し出したサイトとして差別化もできます。
また、クリック報酬型であればアクセス数があれば良いので、
競合を認識するとこまで意識がいかないんです。

「うわーアクセス数たんねー、くそーGIGAZINE(ギガジン)めー」
個人ブログを運営していたこのように思う人はいないはず。
本格的に競合として敵視するのであれば同等のサイト運営者でしょう。

裾野が広いとも言えます。
資料請求報酬狙いで体験談をコンテンツとした
アフィリエイトサイトをつくるにしても
知らず知らずのうちに差別化されていきます。
個人個人の体験談はちがいますからね。
そして、思ったこと、主観も異なります。
狙うキーワードひとつをとっても複合キーワードとして
棲み分けができるんです。

あまり競合を意識しにくいのがアフィリエイト全般なんですね。
あまりに苛烈な主戦場(ビッグワード狙い・キャッシング系)に向かわない限り。
なぜなら限られたお客さんを奪い合うような稼ぎ方ではないからです。
アフィリエイト全体の市場は大きく、わざわざレッドオーシャンに向かう
必要性がないからともいえます。

いっぽうニッチビジネス。
ブルーオーシャンかと思い飛び込んだのに
参入者がつづき、レッドオーシャンになる展開なんてよくあります。
自滅上等な採算ラインぎりぎりまでの値下げやサテライトブログや
Q&Aサイトを悪用したネガティブキャンペーン攻勢なんてのもあるんですよ。
ここまで悪化するのはまれですけれどね。

やはり特定の場所への参加人数が少ない分、
お互いを認識・意識しやすいですから衝突もあったりします。

なぜか関西弁

脅迫メールは関西弁が多い?

おもしろいのが脅迫めいたメールの文章は
ほぼ関西弁だったという事実。

「おぅ」とか「おまえ」はもちろん。
「すんなや」の頻度が高いです。

またはどこのVシネに影響されたのか
「縄張りあらすんも大概にしぃや」なんて文章も。
関西方面の方言は攻撃的な印象をあたえるので
それを狙っているのかもしれません。
萎縮させようとしているんですね。
で、活動を抑えさせて運がよければ撤退すると。

ま、そんなわけにはいきませんけどね。
逆に「あんたの行動は正しい」とお墨付きを
もらっているようなものです。

脅迫メールから読み取れるヒント

脅迫めいたメールがはある意味有益なメールなんです。
どういうことか?

脅迫めいたメールを送られたのは
競合にとって「目の上のたんこぶ」となったからです。
感情をおさえられないほど迷惑な存在になったので
メールを送信したのです。
それは送られた側が「競合から顧客を奪っている」証左ともなりえます。
自分のシェアを侵食されて危機感を抱いて文句の一言も
いいたいから脅迫めいたメールをしたんです。
悪い経験ではないんですね。
逆に誇りをもっていいです。
相手がアクションを示すほどの存在を示したということですから。

僕だったら一切ヒントとなる情報は与えません。
競合をわざわざ手助けする義理もありませんから。
だから苦情や脅迫めいたメールなんて一切しません。

反応がないことこそ一番怖い

商売していていちばんやっかいなのが「反応がない」ことです。
なんのフィードバックも得られないからです。

「おたくにはもう頼まない」と言われたら
「どこがおきに召しませんでしたか?」と悪因を
客観的に探るのが可能です。
しかし、苦情をいれてくれるだけありがたいんです。
客観的判断をくだしてくれるからです。

どうしても商売をする身になると消費者側の立ち場からものを見れません。
ですから批判でも苦情でも言ってくださるだけありがたいのです。

だからこそ「もの言わぬクレイマー」がやっかいなんですね。
どこが悪いか言わずに去るだけですから。
なので僕は競合には批判・苦情があっても伝えません。
相手にとって

あきらかに「これ、おまえしかおらんやろ」っていうほど
見え見えのメールが届きますからね。
だって競合が自分と相手しかいない極狭いニッチビジネス
なんですから。利害関係から考えるとどう考えても
こんなメール寄こすのは特定の人間しかいないんです。
そしてみずからの行為が相手に利を与えているのに
気付いていない。滑稽です。

こちらの動きを鈍らせようと、揺さぶりをかけるための
脅迫メールを送信したのでしょう。
しかし、商売仇の僕にヒントをあたえ、行動の成否に
お墨付きをあたえているのに気付いていないのですから。

脅迫メールをもらって大手にちかづく

競合から苦情や脅迫めいたメールが届くというのは
一人前と認められたようなもんです。
さらに相手よりも顧客を奪っている証左でもあります。
どちらにせよ競合にとって脅威とみなされているんですね。
だからネガティブなメールが競合から届いたとしても
不安に思う必要はないんです。

むしろ嬉しいことです。
競合がアクションをしてくるほどに、影響をもってきた
ことを示しているのですから。
大手に近づいているんですよ。

攻撃してくる競合は相手にしないでお客さんを相手にしよう

相手が自己努力しないで他人を貶め、相対的に上位にならうとする
あくどい手法をつかってきているのであればこちらは
正道で勝負しましょう。
ちまちまと攻撃してくる競合の時間を無駄にするかのように、
コツコツとコンテンツやサービスの向上を目指せば出すぎた杭となり、
不動の地位を築けますよ。あくまでニッチなので極狭い市場ですが、
王様になるんです。そうすれば競合の些細な攻撃にはびくともしませんし、
攻撃しようとさせ思わなくなります、競合が。

競合を意識しいくいアフィリエイターからの転向組みが
一度はぶつかる問題ですので今回紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。