いま行動した者が新年への変わり目で得られる優位性

いつはじめるの?いまでしょ(笑)

いつはじめるの?いまでしょ(笑)壁ドンコンサル:大川竜弥

いま行動した者に与えられる優位性

今年も残り1ヶ月もないってどいうことなの。
やばいよやばいよ(リアクション芸人風)と焦ってばかりで
何もしなければ 1円もかせげない。
と、いうことで窓口サイトつくりましょう。
「いつかやろう」「来年やろう」と思うよりは
今年中に実行すると後々活きてきます。
有利な立ち場になるんですね。
来年始める人よりは。

以下は、今年中に新事業やブログ開設・アフィリエイトなど
始めようとしたけれど行動できなかった方へ向けて書いています。
すでに行動しはじめている方にとっては暇つぶしにしかなりません。

運営年数もアドバンテージになる

2015年まであとわずかの日数です。
ここでビジネスでもポートフォリオでもなんでも作っておかなきゃいかんでしょ。
とくにお仕事を受け付ける窓口サイト(以下、ビジネスサイト)は
今つくっておくと小さな優位点を得られるのですから。

優位点ってなにってことですが、それは運営年数です。
2014年内にビジネスサイトをつくっておけば
2015年に入ったときに効果があらわれます。
だって、サイト内に「2014年から活動しています」と売り込めるのです。
ハッタリにつかえると言ってもよいでしょう。
なにせ1年の差は大きいです。
閲覧者は勝手に思い込むだけだとしても。
印象が違うんですね。

ネット上に根拠となる痕跡をつけるべし

運営歴なんて自己申告なのでいくらでも偽れると
なめてはいけません。なにせ、ネット上に活動の
痕跡が見つからないのであれば嘘をついていると思われるからです。
そうなれば信用しません。
なので、できればビジネスサイト+SNSやネイバーまとめなどで
活動の記録を残しておくと良いと思います。
twitterではツイートした日、ネイバーまとめでは更新日が
表示されますからね。ユーザー側では操作できないような
システム内においてネット上に活動の痕跡を残すのです。
そうしておけばドメインを変更したとしても集客した
方たちに明確に提示できます。
「私はこのような活動をしてきました」と。
ただし、屋号を変えない場合のみに使える方法ですけどね。
ビジネスサイトのドメインは変わってしまっても、
屋号が同じであればいままでの活動歴は勝手にあずかり知れない
ところでフィードバックされます。
もちろん屋号が違えばいままでネット上で積み重ねてきた
経歴は返ってきません。
ビジネスサイト内で以前は「○○というドメインで○○をしていました」
なんて記しても閲覧者は読みませんから。
もちろん特定商取引法に記されている「代表者」「運営者」の
名前なんていちいち覚えていません。
興味ないですから。閲覧者にとっては。

低スペックでも簡単に優位性を持てる

能力が低くても他より抜きん出てはやく行動すれば
並みの人間よりは利を得られる可能性があるんです。
見た目でもまったく違いますよ。
2014年から活動しています。と、
「2015年から始めました」では。
ほんとうに小さなアドバンテージ(優位性)ですが、
得られるものはとっていきましょう。
だってまったくのノーリスクで積み重ねられるんですから。

まとめ

新事業・新ブログ開設などは 2014年中にすれば
優位性を手に入れられる。

活動歴として、ユーザー側で日付が操作できない
ウェブサービスで痕跡をつける。屋号付きで。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。