ニート株式会社の「女の子の部屋の空気缶詰」案に対しての感想―女の子の匂いつき抱き枕販売もイけそう―

女の子の部屋の空気

ニート株式会社の今

「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)でニート株式会社がとりあげられました。
以下引用。

その他、「かわいい女の子の部屋の空気を集めて売ったら、売れるんじゃないか」
という企画も持ち上がったそうだが、「ニートだから知識がなくて、どうやって
空気を入れて、製品化したらいいか、わからないんじゃないですか?」といい、
現在企画は止まっている状態だそうだ。

ニート166人が設立した会社「NEET株式会社」の現在 – ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/10984261/

取締役が語っているように、対面での交流がないのが原因だと思います。
連絡をとりあうのはSNS・スカイプなどのモニタ越しなようですから。
それと、統率役が不在な点も大きな要因でしょう。
それぞれの適正を把握してどのような仕事を割り振るかを考えないと
烏合の集と化すのは当然です。

また、166人も構成員がいるようなので、連絡をとっておらず確認ができない
者が必ずいるはず。横並びの集団なので誰かが突出して音頭をとらないと
いけないはずなのにその雰囲気ではない。

だれかが声を上げるとだれかが苛立ち、待ったをかける流れができているはずです。

声を大きく上げずに、後ろから提案、そっと人を動かすような
人物がひとりいるだけでも違います。場の調整役の不在とも言えます。
三国志でなら荀攸(じゅんゆう)・魯粛(ろしゅく)。
日本戦国時代ならば堀秀政・堀直政など。※人たらしチート

外部から仕事をもってきて差配していたようですが、
内部から直に仕事を請けないと瓦解しやすいように感じます。

直に仕事を請けるので責任感が生じますし、なにより
自分の提示した内容・料金で受けることに意味があります。

そうしないとただのまとまりのない下請け集団に成り下がります。

僕がどうこういってもどうにもなりません。
けれどせっかくニートたちがやる気をだしたのにこれではあまりにも
残念に思います。

女の子の部屋の空気を缶詰にしちゃいます案

悪い評判ばかりのニート株式会社。
けれどアイディアマンはいるようです。

僕がなかなか良いなと思った商品は
「可愛い女の子の部屋の空気を商品化」(以下、女の子空気缶)です。

早速、反応をみるために2chやまとめサイトを見てみる。
すると案の定批判コメントばかり。

自分より弱い立場に居る者はサンドバックとして叩くだけ叩くが
基本なのがネットユーザーなので仕方ありません。
もはやニート株式会社はネタを提供する会社とおもわれている様子。

ただ、中には自分の問題として考えている人もいました。
以下、とあるまとめサイトのコメントでの意見です。
「ニコニコ生放送で、女の子の部屋から生中継。
部屋の空気を袋に入れれば売れる」
以上。このような意見でした。

かなり良いと思います。

あると思います。
参考:アルトオモイマス 39歳 | おっさんレンタル

僕が思うに、空気缶はブルセラに近い商売です。

ブルセラでは本人が佩いていたと証明するための「手渡し」があります。
商品をお客さんと対面して渡す方法です。

また、最上級の本人証明では「直(じか)脱ぎ」+「手渡し」です。
これはお客さんの目の前でパンツ・ブラジャーを脱いで手渡す方法です。
スカートを着用したまま見えないように脱ぎ、脱ぎたて―完成したばかりの商品―を
提供する方法です。何のためにするかと言えば証明のため。
この1点だけでも差別化できれば売れます。

宣伝媒体としても有用なニコニコ生放送。
その場で空気を採取し、梱包し封をすれば商品のできあがりです。
ものは試しと購入する人は多いはず。
なくても損失は微々たるもの。
それにニート株式会社の宣伝にもなりえます。

商品化されている空気缶詰

フランスパリの空気缶詰自分もゼロベースで考えました。
ニートにあわせて対人交渉が苦手、自動車免許もない。
実家暮らし。資金もない。
あれ、それ…僕です!

で、考えます。

もし、女の子空気缶を生産しようとしたら、
缶詰が必要になります。

「缶詰」というカテゴリの商品というだけで注目性がありますからね。
ということで、まずは類似商品をチェック。

日本では「富士山 空気の缶詰」。
ロシアでは「雪男の洞窟の空気缶詰
カナダでは「きれいな空気」など。

記念品・ヒーリング・ネタとして売られています。
同じ缶詰でもコンセプト・攻める角度が異なっているようです。

では女の子空気缶購入者の目的はというと、
「とにかく可愛い女の子の部屋の空気を吸いたい」です。
購入者像は20代~30代の女の子と付き合った経験がない方。

今一度、ペルソナを設定すると缶詰でなくてもいいんじゃね?感がでてきます。
それに缶詰を生産するのにも問題があります。

工場のラインを借りるにしてもお金が必要です。

小ロット数で試しに作成する手もありますが資金不足。

業者に頼むことは無理。だって生産場所は女の子の部屋でなくてはなりません。
意外とハードルが高いです。

であるならば、手作り缶方面を考えます。
早速調べてみると以下のサイトを発見できました。

手作り缶詰「製缶機使用タイプ」のご案内
製缶機不要缶詰もあるようですね。
しかし、圧入とあるので中の空気を押し出す構造の可能性が高いです。
で、あれば食用缶詰製作用の「製缶機使用タイプ」を選択しなければなりません。

具体的には手動式の製缶機と、空の缶詰を持ち運びつつ、
女の子の部屋で1缶1缶丁寧に生産するながれです。

お金かけたくないでござる

実際に生産できることは分かった。
けれど製缶機をリースするにしても缶を購入するにしても
初期投資が必要なのには変わりがない。

いやでござる。

お金をかけたくないでござるっていうかニート身分で
考えているのでそのような資金はない。

ならばどうするか?
受注生産しかなかろう。
そんなわけで僕は再度考えたのであった――

女の子の香りつき枕「カバー」を販売

女の子の匂いつき枕カバー

すこし攻め入る角度を変更。
なにも缶詰でなくともいいだろうとの考えから、
枕カバーを販売することに決定。

彼女がいたことのない男性や、女の子の匂いが好きな
男性に向けた商品です。

商品化までの流れ

まずは無料サーバーで開設。
つぎに女の子確保。
商品を宣伝。
受注があったら女の子に枕カバーを「支給」※。
就寝前、髪を洗ってもらってから寝てもらいます。
頭をおくのは支給した枕カバーで覆った枕。
臭いが発生しない 2~3日間継続してもらいます。
本人証明のため、寝転がっている様子を写真に撮って送ってもらう。
撮りだめさせないために、その日時に撮影した証拠を一緒に
撮影してもいます。
素顔を見せられない女の子にはマスク着用を許可。
梱包する様子も撮影してもらいます。
セキュリティシールで最後に封印する様子もお願いしましょう。
事業主の自宅へ送ってもらい、購入者のもとへ転送します。
これをもって納入。

以上。

※女の子の側で枕カバーを用意してもらうと
古物営業法違反となります。

初期費用は枕カバー代金くらいです。
受注生産なので、注文があった時点で費用回収の目処が立ちます。
それに全工程を自宅で済ませられます。
外から一歩も出ないでも稼げます。

「ネットブルセラと同じじゃないか!」
との意見もあるでしょう。

しかし、巷のブルセラとコンセプトが違います。
いま現在でも「可愛い女の子特有の匂い」に特化している
ブルセラ店舗は存在しません。なにより購入層が違います。
どちらかというと「液」関係や「臭さ」を求めます。

あいつらはプロです。匂いだけで男性が女性と偽称して
着用したものか、女性が着用したものかを判別できます。

それに「匂いを売る」との路線で考えるといろいろ商品の幅が広がります。
例えば抱き枕に匂いをつけるのもありです。
男性であればいろいろと捗るでしょう。

自分の問題として考えないから

2chスレッド・まとめサイトのコメントで上記サイトのリンクや
手動式缶詰生産について言及されていなかったのが不思議です。

実際に「できる」範囲の商売なのに。
きっと本気で考えていないからです。

普通はそうですね。ただ傍観者としてボーっと眺めて茶々をいれるだけ。
これが普通です。でも、自分で頭ですこし考えると道は開けます。
ただ、大抵の人はしません。だから僕のような低スペック人間でも
つけいる隙、ニッチビジネスが存在するわけです。

空気を封入するだけでいいならばジップロックでも
タッパーでもいいわけです。

いちど、ネタのような商売でも種として育成方法を考えてみると
頭の体操になるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。