学歴なしヒキニートが家に居ながら月7万円稼ぐあくどい手法

グレーゾーンビジネスをたくらむヒキニートを誘う悪徳業者

論文代行業者になりましょう。
終わり。

在宅でできる罪悪感たっぷりのお仕事

以下、社会を斜めに見ちゃってる人・世を憎んでいる人・
手段は問わないから家から一歩もでずに稼ぎたい方だけ
読んでください。

月1件で7万も狙える

実を言うと僕こと、六畳の主(ろくじょうのぬし)は
テストとしてさまざまな業種へ手を出しています。
目的的はデータ収集のためです。
金になる種を見つけにね、グウッヘヘヘ ※僕は善人です。

なので、いちどウェブサイトを構築したらほぼ放置っていう
サイトがいくつかあります。
そのなかで手ごたえがあったのが「論文代行業」なんです。

なぜなら、平均 23uuでだいたい 月 4件の問い合わせがあるからです。

いや、あったというほうが正確かもしれません。

放置していたので積み重なったメールに気づかなかったんですね。
メーラーでも受信許可しておらず、
「こんな手抜きサイトで大丈夫か?」な程度でしたので、
気にもとめていなかったのです。

「こんなペラサイトに問い合わせなんてあるわけねぇ」って。

でも、あった。

それなりにお問い合わせがあったのに一切返信していなかったので、
業界内での心象は最悪です。

僕もお問い合わせくださった方には悪いことをしてしまったと悔やんでいます。
「卒業論文提出の締め切りが迫ってます、至急連絡ください」
との切羽詰ったメールを知らずとはいえ無視していたので。
ごめなさい。

だからか、同業他社で記事のネタにされましたよ。悪い意味でね。

そんなにぬるい業界じゃないとは思うのですが、
手抜きで作成したサイトなのに反応が良すぎる。

料金相場は一般に合わせていますし、
これといった強み(ストロングポイント・USPってやつ)もない。
公開してあるページは

  1. トップページ
  2. 料金説明
  3. サービス説明
  4. プライバシーポリシー
  5. 特定商取引法に基づく表記
  6. お問い合わせ

これだけ。

SEOでは外部対策ばかりしている業者が目立つので、
本気でコンテンツ作成すればまだ戦える領域だと感じました。

情報の鮮度はどうか?

情報の「鮮度」においても問題ありませんよ。
完全撤退してから半年も経っていませんので。

誤解のないように言っておきますが、僕は論文代行業で
1円も収益をあげておりません。

しかし、月7万円は稼げると踏んでいます。
2万文字の卒論代行の問い合わせもあったので、
文字単価 7円だとしても 14万円。

半額を執筆者に渡して、懐にはいるのが7万円、
アフィリエイトよりも簡単です。

週に一回の更新を保つことができれば。

あ~~これだけのアクセスで、これだけの問い合わせがあると、
ここまで言っちゃいました。

信じるかどうかは別としてここまで開示するのは僕くらいです。まじで。

月 4件も問い合わせがあればクロージングが
下手な人でも 1件はとれるでしょう。

「いや、年がら年中論文代行依頼があるわけじゃなくね?」
このような疑問もあると思います。
けれどあるんですねぇー(ムツゴロウさん風)
びっくりです。大学生だけが使うんじゃないですしおすし。

なぜ公開したか?

崖っぷちにたっているひきこもりの方へ有益な情報を
与えたいと思ったからですね。

さらに、情報の鮮度が落ちる前に届けたかったのも理由のひとつです。
情報が活きる時間は短い。それならば必要としている方へ
向けて公開しても悪くないと思ったり。

僕自身が論文代行業者になってもよかったけれど、
乗り気はしません。
なぜなら論文代行は法律面でも倫理面でもグレーですので。
僕はいくつかのグレービジネスをしていますが、
倫理的グレーに限って参入しています。
リスクを避けるためって言えばもっともらしいのですが、
結局は「面白そうじゃないから」の一点につきます。

短期的にはあり

かなりいろいろとグレーなビジネスである論文代行業。
けれど、希望があります。
昔の僕なら飛びついてますね。

だって種銭(資金)がなくてできますから。
サーバー代金とドメイン代くらいではじめられます。

おまけに在宅で完結できて、学歴も必要ありません。
罪悪感を抱かなければなかなかの優良ビジネスです。

アフィリエイトに失敗し、お金がなくて転売もできずに
悶々としていた数年まえの僕ならば迷わず新規参入してますよね

ただし、深入りしないために撤退ルールを敷いておきます。
「50万稼いだら撤退しよう」とかね。
そうしないとダラダラと危ない道を歩くだけですから。

もちろん稼いだらサイトは売却ですよ。

結構ぎりぎりまで書いてます

たいしたことない情報だったな、と思われるかもしれませんね。
だけど、実をいうとかなり暗黙の了解破ってます。

たこ殴りにあっても文句は言えないほどに。

ですので、当記事の質問にはお答えできません。
法律面はどうなのかと知りたい方はとりあえず
私文書偽造罪から調べるのが良いと思います。

あ、素人が答えているQアンドAサイトは無視してくださいね。
ほんとうに曲者ですから。業務内容と照らしあわせた
うえで答えていませんし、なにより法律の専門家で
さえ意見が異なるような事柄です。
それなのに知○袋のやつらは断言口調で自身ありげに
答えますから。ほんとうにうんざり。

おっと、愚痴になってしまったのでこれにてお開き。

関連記事:グレービジネスには二つの種類がある
誰もおしえてくれない個人間でサイトを売買する方法
―ひきこもりが2ヶ月しか運営していないサイトを8万3千円で売った経験から

1 個のコメント

  • これは凄い情報ですね!
    情報商材としても売れるんじゃないでしょうかw

    私もやってみたいのですが、論文を代行してくれるアルバイターを見つける術があるのかな・・・というのが心配ですね。(質問ではないです)

    >それなのに知○袋のやつらは断言口調で自身ありげに
    >答えますから。ほんとうにうんざり。

    上から目線で全く的外れな回答してること多いですよね。
    残念な方達です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。