なにも持たない引き篭もりがお金を稼ぐための王道は 1 つ

何もない引き篭もりがお金を稼ぐには?
何もない引き篭もりがお金を稼ぐには?

※当記事はPCとネット環境が整っている
引き篭もりの方向けです。

お詫び 具体的方策がないブログでした

推敲も十分にせずに毎日投稿をする日々。
読み返してみると、結局のところ具体的な方策も
示していないのに気付きました。

引き篭もりかつニートでもお金が稼ぐことができると
伝えたい。できれば具体的な方法も、と始めたブログなのに。
自分の好き勝手書いておりました。
これでは僕が散々敵視している
「大多数に向けて発信されるライフハックブログ」
「分かり切っている一般的な事柄を偉そうに講釈たれる起業ブログ」
と大差ないなと感じ、恥じ入っております。

ライフハックブログはあなたの役に立たない

ライフハックブログは起業やひきこもり、ニートなどの
問題にも触れますが、表面をなぞるだけ。
東大や京大、有名大学を卒業したり富裕層・中流層に
生まれてそつなくこなしてきた方が運営するブログは
まったく実践的ではない。

僕も絶賛ひきこもり中に起きている間はライフハックブログや
起業ブログを読み込んだ時期があります。
それはエア就職活動をしていた頃です。
近所の公園へ出勤、そして帰宅。
母の機嫌を伺いながら部屋に赴き、
キーの音を立てずにネットサーフィンをしていました。

「誰か明確な答えをくれ」

さまざまな掲示板・ブログ・サイトを寝る間も惜しんで
巡ります。

しかし、この問いに誰も具体的な答えを返してくれませんでした。

当時の僕は苛立ち、頭の中はいつも同じ言葉がぐるぐると
まわっています。

「で、結局どうすればいいの?」

キャリアに隙がない方の起業ブログは精神論がはびこり、
優秀であるがゆえに引き篭もりレベルには落とし込んでくれません。

僕と同じような環境に陥った方が質問している掲示板にすがり
ついたことだってあります。

質問はうろ覚えですが以下のようだったと思います。
質問者 20代:「車の免許なし、所持金ゼロ、体力なし、コネなし
なんだけれどお金稼ぐ方法教えてください。家から出ないで」

回答者「車なしならダメ」
回答者「免許もないって、どれだけ怠けてたの?」
回答者「自宅で稼ぐには社会で経験をつんでコネをつくらないと」
回答者「働け」
回答者「まず、そのような質問をしている時点で~」

いやいや、そんな回答は求めていないよ。
回答くれるからってあんまりだ。
憤慨ものですよ。

たぶん、世帯年収150万円を下回る家庭を知らない・実感できないから
免許をもってないのが不思議なんでしょう。
それに自分が引き篭もりを理解できない、理解しようとさえ
思っていないのでまともに頭つかってませんね。
他人事なんですよ。
なかには親身に考えてくださる方もいるのですけどね。

ちなみにこのようなQ&Aサイトで辛辣案言葉をなげかけるのは
大体機嫌が悪く、鬱憤を晴らしたいだけの中流層です。
証拠をはっきりと提示はできないので
まったく根拠はないと捉えられてしますが、
貧困層の僕としては「あ、この人、中流層だな」とわかるんですね。
貧困を経験した人なら勘付く要素を見逃したりしますから。
富裕層であっても意味不明な回答をするのはまだ中学生~大学生か、
新社会人くらいでしょう。自分がどれだけ恵まれているか分からないのです。
けれど富裕層の子息に生まれた方は教養を仕込まれ、親から修正させられて
いくので余裕のある富裕層となっていきます。
中流層の方を馬鹿にしているわけではありません。
ただ、Q&Aサイトは貧困層を馬鹿にする傾向が見られます。

Q&Aサイトの回答者像を伝えたいのではありません。
世の中には本当にテキトーなことを言う人ばかりなんです。
富裕層でも中流層でも貧困層でも、男性でも女性であっても。
だから気にしてはいけません。

適当の意味は
「ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。
かなっていること。ふさわしいこと。また、そのさま。」
ではありますが、ニュアンスとしてふさわしいテキトーと表現しました。

以上の事柄から自分にあった具体的な引き篭もり脱出方や
稼ぎ方・生き方なんてものは結局、自分自身が見出さなければなりません。
と、ここで締めてしまうと十把一絡げなブログになってしまいますね。
なので、引き篭もり状態でも小遣いを稼げる端緒を具体的に示したいと
思います。

それは自分の窓口サイトを所有することです。
無料ブログでもかまいません。
できることを書いて仕事を受け付けるんです。
仕事をもらえればあとはどうにでもできます。
自分でできなくてもできる人に流せばよいのです。

日記系ブログで稼ぐ場合

できる事がない、スキルがない。
そのような引き篭もりの方でも道があります。

毎日どんな悩みに苛まれているのか、
家族にどのように接しているのか、また家族からどのように
扱われているのかを書くと良いです。

そして、ある程度記事数が溜まったら記事を売ればいいんです。
僕はプロフィールにも書いてある通り、
記事作成代行業をしていました。
呼び名はまともな代行業と思われそうですが、
中身は外注を使っての記事売買なんです。
アフィリエイト記事を外注すると流行るすこし前に
開業しました。サムライファクトリーが参入するまえ、
大手企業が記事作成代行に見向きもしなかった頃ですね。

経験がないままいきなり起業したので、
失敗しましたが、記事は売れるものだと確信いたしました。

なかでも引き篭もりの記事はメンタルヘルス産業に
携わる人間に売れます。
カウンセラーやセラピスト、引き篭もり相手の NPO法人などにね。
でも、僕は売った経験がまったくありません。
なんで分かるかというと、情報が入ってきていたからです。

引き篭もり支援業の方たちも結局は商売ですから、
ブログを更新し、さまざまな事例を見せて信頼を
得なければならないんです。
でも、時間がない。面倒。更新の時間がない。
良いメンタルヘルスネタがない。
だからこそ引き篭もりの記事でも購入してくれるのです。
※あくまで予想

見せ掛けでも支援しているとアピールしなければならない
支援業者もいますので、売り先はいっぱい存在します。
また、良い事に国は事業者間のダイレクトメールは禁止していません。
相手が事業者であるならば許可をなくても売り込み・営業メールを
送信できるんです。
ですから、引き篭もりの日常を描いたブログでも売れる販路ができあ
がっております。手当たり次第にメール爆撃をしかけてもいいんです。

ただし、あくまでもメンタルヘルス産業に携わる人たちの
ブログに載せられるような密度が必要です。
飯くって2chみてオ○二ーした、という報告ブログではだめでしょう。
あと、記事の相場は下落の一途を辿っています。
僕の頃でさえ400文字百円がまだマシなほうでしたから。

結局のところ…

いろいろ考えました。
でも、何ももたない引き篭もりは巷で散々
言われているように無料ブログでも良いので
記事数を稼ぎ、資産化するしかありせん。

無料ブログでは資産化できなくとも元手(種銭)程度は
稼げます。まずは、無料ブログでアフィリエイトか、
記事数を稼ぎ記事売買、またはブログを売って
元手を稼ぐ必要があるでしょう。

しかし、別の方法もあります。
だた、現状ではなんにせよ発信者側にまわること、
つまりは「ブログをはじめる」のが鉄板であり王道だという
結論に至りました。しょうもないですね。

ただし、表の道があれば裏がある。
ブログで稼げられなかった引き篭もりはどうなったのか?
どうすれば現状を突破できるのか?
それについてはまた別記事にて。
もうしばらくお待ちください。

ここまでお読みくださりありがとうございました。

2 件のコメント

  • こんにちは。
    今日こちらのブログを検索で見つけ思わず一気に読んでしまいました。torataです。
    自分ではなかなか思いつかない発想や視点が多く、感心させられてばかりです。
    こちらの記事のような業界内部の事柄なども、大変興味深いです。

    一コメント目から質問で大変恐縮なのですが、管理人様は普段どのようなサイトをご覧になられていますか?記事内の一文から、匿名掲示版などもご覧になられているとお見受けしました。サイトでなくてもお気に入りの板等ございましたら是非お伺いしたいです。

    当方、アナクロな人間の為、書籍等を読むのは得意なのですが検索術やwebでの情報収集となるとてんで駄目で困っております。

    ですので、少しでも管理人様のような鋭い着眼点を持つことができればと思いました。これからも新着エントリーを楽しみにしております。

    それでは、失礼いたします。

    torata

  • 王道とは楽な道、安易な方法という意味だったかと。「学問に王道なし」

    最近、主流、正統派、本流という意味でつかわれていますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。