低スペ引き篭もりの起業記録 6

ひきこもり起業記録6

以前お話したひきこもり向けのビジネス。
ようやくお問い合わせが来るようになってきました。
しかし、いまのところ受注数0。
どういうことか?
原因は「探り」「冷やかし」「相見積もり」が多い業種だからです。
だったからと言うのが適切かもしれません。
僕自身はじめての業種であったので知りませんでした。
元々ニッチな分野でしたので表に情報がでていないんですね。

冷やかしメールにつかれた

探りというのは同業他社や関連業者の市場調査みたいなもんです。
購入予定者・サービス申込者を装って見積もりや相談のメールをする。
その切り替えしや、反応で大体のレベルを察することができます。
このような相談をすれば相手(競合)はどう切り返してくるだろうか、と。
判断材料には十分なりえます。
敏感な業者であれば新たに参入してきた者について調査するのは
当然のこと。競合との距離が近くなるニッチビジネスならばなおさらでしょう。

さらには冷やかしメールが多いこと多いこと。
あーこれ、相見積もりでしょ~な臭いがぷんぷんする
相談や見積もり要求ばかり。
わかってはいても親身に応えなければいけません。
見積もりだけで数週間・人件費がかかるビジネスで良かったですよ。
ほんとに。

見積もり要求だけで消える奴ら

見積もりは額面どおりに「無料」だと思っている方ばかりです。
会社員・従業員の思考から脱していないからでしょうね。
おっと、つい愚痴ってしまいました。

しかし、一番悔しいのは可能性(時間)を浪費したことでしょう。
時間は金より重い。
時>金です。
キリスト教圏では時間を労働に当ててその分お金を稼げるから
タイム・イズ・マネーと呼ばれておりますね。
しかし、日本だと微妙に意味合いが違ってきます。
時間によって生み出される可能性に重きを置いているんですね。
うーむ、うまく言い表せない。
例えて言えばボケ老人になってから大金を持っていてもしかたがないんです。
お金を使うときに身体の動かない老人になっていては元も子もありません。
僕は苦学生でしたからよくわかる。時間の重さが。
なんら駆け引きがない純粋な恋愛ができるのは高校生くらいまででしょう。
それ以降は大人の付き合いということで、
相手の地位や経済面を考慮してしまいがちです。
不可逆。もう戻れません。
高校生の時分に貧乏であったり病気や容姿などが原因で
良き青春時代を過ごせなかった人は本当にご愁傷さまとしか
言い用がありません。時間はとても貴重です。

時間がないからブログの更新もできませんでした。
すべて冷やかし客と競合が悪いんです。ふへへ。

そう、つまりは受注にいたらない見込み客、つまりは
「時間泥棒」のせいで暇なしだったのです。
息抜きに漫画を読んでいたからブログ更新ができなかった
訳ではないんです。しんじてください~うわぁああんガエダイッ
日本をガエダイっうわはーーーんっ。

金を払わない人間は・・・

これは記事にしようとしていたネタなのですが、
僕自身があてはまってしまいました。
親身に相談にのってあげても1銭にもならなかった。
ただ、時間と労力・費用・顧客獲得の機会を失っただけでした。

金を払わない人間は客ではない。
無料相談は客から見れば無料だが、するほうにとっては有料だ。
この初歩的な2点を軽視しておりました。
ふがいない。

しか~しっ!
新規ドメインで広告費0。
手持ちの媒体から一切の流入なしの状態から
1ヶ月ほどでお問い合わせが来たのはえらいことです。
ふつーは毎日記事を投稿・更新して3ヶ月もしないと
冷やかしメールさえ届きませんからね。
今回は「当たり」のかほりがビンビンしますぅ。

あ、それと相見積もりしたのに断りの連絡さえしない奴は
客じゃないからね。時間泥棒乙!

2 件のコメント

  • こんにちは、その後事業の方はいかがですか?

    私事ですが、ブログのURLが変更になりました。
    新ブログのURLはhttp://nito-nitto.com/です。
    お手数ですがリンクの変更をよろしくお願いします。

    • ニトさまコメントありがとうございます。
      返信がおくれてしまい申し訳ありません。

      ブログのURL変更の件確認しました。
      変更作業を終えましたのでいちどリンクの設置状態をご確認ください。

      新事業のほうはご覧とおりhttp://kigyouhikky.com/hikikomori-houi/
      という感じです。まだまだ軌道に乗るにはほど遠いですね。
      なが~いめで見て、育てていこうと思っております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。