ひきこもり・ニートでもできる仕事はどこだ-同人作品販売もひとつの仕事でしょ

ひきこもりだって音声作品をつくる

ひきこもりでもできる仕事はどこだ

ひきこもりだって音声作品をつくる

ひきこもりでもできる仕事はない?

僕が絶賛ひきニートだったとき「ひきこもりでもできる仕事」
検索して絶望した経験があります。
なぜなら、言及している質問サイトやひきこもり支援サイトの
回答がまるで役に立っていないからです。

質問サイトではやはり同様の質問がされていました。
回答はお決まりで、「そんな仕事ないです」との思考放棄回答や
「人と顔をあわせるのが基本でしょ~」などの説教回答が大半を占めます。

どうやらひきこもりは人と会えない、外にでられないと思っている様子。
軽度ひきこもりならば活動範囲は広がるので提案できる幅は広がるはず。
なのに決め付けているから思考放棄回答ばかりになるんでしょうね。

でも、人と会わずに済む「仕事」は他にもありますし、
先例だってもちろんあります。

なのにまったく回答できていない。なぜか?答えは簡単です。

「必要がなかったから」

ネット上で活動する方も現実世界でも大半は労働者です。
まともに働いている方が多数を占めます。

真剣にひきこもりや病気、その他の理由で外出が困難である方が
適応できる仕事について考えたことなどないでしょう。

加えて、「仕事」が会社に勤めるものと勝手に限定してしまっています。
そのような方々に質問をするのが間違っていたのです。

とくに団塊世代あたりの方に相談をしてみると顕著だと思います。
普通とりあってくれませんから現実世界では。

また、長らく起業支援をしてきた方でも斜め上をつきぬけた回答をしてきます。
それでも真剣にとりあってくれる方はとても貴重です。

では、どこに求めている答えを持っている人がいるのか。
もう分かっているはず。自分と似たような経験・過去を持っていながら
仕事を獲得した人を探し、教えを請えばいいだけです。

僕も、あまり人と会わずにできる仕事の参考例を求め、
思い切って質問した経験があります。とはいっても掲示板上でのこと。
直接メールするのは憚れたのでメールアドレスを付けて書き込みを
したところメールアドレスで返答していただきました。

その方は同人作品をつくって稼いでいる中の1人でして、掲示板上では
ネタを発表してくれませんでした。

ただ、「なんのスキルもないのに作品をつくって売っている 」ことだけは
文面から読み取れていたんですけれども。

どんな手法をとっているのか当時の僕は検討がつきません。

けれどメールで交流してみるといとも簡単にタネを明かしてくれました。
どんな裏技があるのか期待感でいっぱい。

でも、ネタが割れれば見た目より意外性はないもの。
その方が売っているのはアダルト音声の同人作品だったわけです。

同人音声作品(18禁)を売る

同人音声作品をつくって売る
ひきこもりでも稼いでいる方はいます。
絵を描き作品集として売ったり、ゲームを製作して売っています。
売る場所は委託ショップやダウンロード販売サイト
(DLSITE・dmm・DL.Getchu)など。

作品形態によっては、まったく人と顔を会わさず会話せずに作り上げる
ことができます。

自宅にひきこもって作品を一定おきに販売を売り出されば
贅沢をしなくても生活できる可能性があります。

しかし、それでも人気作品になるか大手サークルに
到達しなければ難しいものです。

だとしても自宅にいながらお小遣い稼ぎが
できるということで一部の人には人気です。

ですが、スキルがないとまったく作品が
つくれないという障壁が聳え立っています。

でも回避策はあります。プロデュースする側にまわればよいのです。
絵が描けないのなら絵を買い取りまとめて売り出す。
ゲームがつくれなければ買い取って売り出す。

上記のひきこもりの方もその発想で音声作品を作り出し、販売。
それでもって生活をしているとのことでした。

では、具体的にどのような行動をするのか?

僕も突っ込んだノウハウが欲しくて聞いてみましたが、
「元手がなければ無理です」と素っ気無い。

同人音声作品をつくるのに必要な材料は
おおざっぱに分けると以下の三つ。

音声・絵(イラスト)・シナリオ

それ以上は返信がなかったので自分で調べることに。
さっそく検索してみるとある同人音声作品を手がけている
大手サークルのサイトにたどり着きました。
ざっと流し読みしたところ、かなり緻密な計算と
いくつもの手順を踏んでいかなければならないらしいです。

スキルがなくてもできるわけないと感じ落胆。

音声(音源)

作品の要となる音声を手に入れるためには「声優」に頼むしかありません。
声優といっても本業を別にもち、余暇に声優業をするネット声優を
あたるそうです。

調べてみたところある程度の市場ができあがっており、
一般人でも依頼できるサイトもみつかりました。

でも交渉するのに色々と同人世界独自の暗黙の
了解があったりするので、なかなか素人は立ち入るのが難しい。

絵(イラスト)

大手pixivや、フリーランスとして自前のサイトを開いて
仕事を受け付けている絵師(イラストレーター)もおり、
音声よりは買い取るのが容易かもしれません。
ただ、シナリオにあわせたイメージのイラストを発注するのには
それなりのセンスがいるのでこれもまた難しいようです。

シナリオ

声優さんに頼み込むにはシナリオが必要です。
サークルによっては担当する書き手がいますが、
ほぼ、サークル主宰者・販売者が書いているようです。
これは料金の節約とともに、同人音声作品のシナリオが独特のもので
あるからと思います。僕もDLsiteのアフィリエイト報酬から
手頃な同人音声作品を購入し、メモ帳で開いてみたところ
ほぼ擬音で驚きました。

「ん~~じゃぱっっぽっ」「んじゅるじゅる」「ぐぽっ・・・」
などの擬音とあいだに女性の会話文だけで構成されています。
みずからが同人音声作品が好きであり、理解できていなければ
まず、書けません。擬音と会話の比重も考えなければいけませんし、
どのような展開・シチュエーションを設定しなければなりません。

知識がないとどのような傾向の作品が売れるかまったく分かりません。

デメリット-販売に時間がかかる

お小遣い稼ぎができるからと、気軽に参入できる市場ではないのが
理解できました。声優さんから音源があがってくるまでに
数ヶ月待ちも当然らしく、編集作業だってもちろん必要です。

イラストも発注するにはシーン展開に会わせて考慮しなければ
いけなく、トップ画像だけにするのか、おまけで付けるのかの
判断も迫られます。

どの絵師にするのかもプロデュース側の手腕によるでしょう。
イラストの出来で売り上げが左右されるのですから。

僕が個人的に一番の障壁だと思うのがシナリオです。
実際に聞いて、文面で見ても理解できませんでした。
よほど同人音声作品に理解と知識がなければ売る側には立てないな、と
感じました。

音源・イラスト・シナリオすべて揃っても編集作業がありますからね。
時間がかかるわけです。

初心者ならば年に2本販売できれば活発なサークルではないでしょうか。

同人初心者にはきついかも

よくよく考えるとすべて丸投げなんてできないわけです。
スキルがめちゃくちゃ必要ですよこれ。
ネット上だけで完結できるかもしれませんが、交渉スキルなんて
ひきこもりが苦手とする分野ですよ。相場を知った上でなお、
予算内に抑えて作品を生み出すのも立派なスキルですよ。
そんなに高度とはいかなくても音声の編集スキルもなきゃはじまりません。

イラストを担当する絵師の確保だって立ち上げたばかりの
実績がないサークルを相手にしてくれる方を探さないといけません。
初心者にはきついです。だれか同人世界に造詣が深いアドバイザーが
いないと。

プロデュースする側に立つわけですがこれも最初からおかしかった。

同人サークルで一番大変かつ重要な役職はプロデューサーの立ち場と
言われています。 全体をまとめ、各スタッフに指示をだし、
進捗状況を鑑みて歩調を整えるのですから一番経験がある人が
担当するわけです。

経験もなく、売ろうとする作品の市場にも理解がない人間が
できるものではありません。
だってだって「んじゅぽっ!!!」「は…んぅー」とか
規則性が分からない擬音の配置。絶妙な間で文をはさむなんて素人には
到底できませんよ。外注するにしても見つけるのが困難ではないのかな。

ちなみに、情報商材リアルビジネスの内容とほぼかぶる内容だと
されている書籍「簡単に貯金が増える! 儲かる『お仕事』100 (別冊宝島) 」
では催眠オ○ニーCD販売として紹介されています。

催眠オ○ニーCD
男性がオ○ニーするとき使用するもの。
トランス状態にはいるために聞く。
女性にピーッを舐められたり、ジュボジュポされている体(てい)の
音声を聞くのだ。あくまでやらせだが、トランス状態で○ナニーを
いたすと快感が増すらしい。はまる人にはたまらないらしいよ。
なんてこった。日本万歳。

書籍では表面をなぞっただけの解説しかしておらず、ネット声優さんとの
交渉・相場やシナリオ作成等の具体的ノウハウは記されていません。

それでも実際に売り出している方のグレーな手法が紹介されているので
参考になります。参考にだけ。真似してはいけません。
1pしありませんけど。すこし引用します。

商品化に際して重要なのはシナリオですが、有志たちが自慢げに
ネットに公開しているのでアレンジして勝手に使っちゃいます。
それを声優志望の女性に読ませて録音するだけ。
その手の”腐女子”はミクシィやモバゲーに溢れているし、
声だけでいいのでブスでもOK。簡単にみつかりますよ。
3000円ぐらいの報酬でやってくれる。

簡単に貯金が増える! 儲かる「お仕事」100 ,(2011),別冊宝島 p25 

この書籍の発効日は2011年5月11日。
それ以前に、僕も同人音声市場に注目していましたけど、
いまは中小のサークルが参入しています。
それに声優志望だとしても3000円はないと思います。
録音のために自宅環境を整えるのにもそれなりにお金はかけている
でしょうし、なにより相手もどのように使うか知っているのならば
こんな低報酬で請けないでしょう。2011年でもそれなりに情報は
でていたので僕個人としてはなんか嘘っぽい感じがします。

また、同人作品販売をしている方たちは盗作に厳しく、
ネットにも精通していますので、パクリ行為はすぐさま制裁される
土壌があります。もし本当に盗作して稼いでいるのならばかなりの
逃げ上手ですね。今はもう真似できないと思います。

SNSで共有していただけるとうれしいです。
ここまでお読みくださりありがとうございました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。