さいきんのひきこもりのかんさつにっき

病気で少々後遺症が残るそうです。
けれど日常生活ではそれほど不便ではないので
保障はなにもなし。

客観的事実を見直すと少々・・・というかやばい。

自己の借金百数十万円。
母も病気。借金を重ねてきた元父も
老いてきてもう挽回の余地がない。

親の借金は拒否できるのが救いだ。

姉はころあいを見計らって外でつくった男の元にいくだろうし。
このままではなし崩し的に僕が親の老後の世話をするはめになりまする。

貯金も手持ちもほぼゼロ円。
エセ成功者がする、ブランディングの叙述トリックではなく
財布にはマジで数十円しかなかった。

独身なので「当時の僕の貯金も手持ちもゼロ円だったけど、
妻がお金持ちの娘でいい暮らししてました~」ってのもない。

実は財布を持ち歩かないクレジットカード派だったりもしない。

実は隠れエリートで、頭が良い家系だったりもしない。

実は親が経営者で小さいころから自然と商売センスを
培っていたなんてこともない。

実は社会人時代にためた貯金(資金)があったなんてことも
もちろんない。

PCがいつ壊れるか恐怖しながら、無知のまま未経験の分野で起業。
それを繰り返し、なんとかテレビの取材や来たり
まとまった貯金が人生はじめてできるほどこれたけど。

やはりネックは借金だろう。
「奨学金は借金じゃない」といえるほどの猛者ではないので
焦燥感がありまくりすてぃ。

髪もハゲ一族に生まれた宿命なのか、はげてきた。
はげてきたと思ったらいきなりごっそり禿げから注意な。

親の家系からのさまざまな病気を一心に請け負ったのに
顔も良くない。将来はハゲる。虚弱体質。最高だな。

最高ついでにやるまいと決めていたコンサルタントの
真似事をしてしまいますたぁ。

「xx業をしたいので相談に乗ってくれませんか?」
っていうメールが来たのでやり取りをしていて
外部のアドバイザーという身分になりました。

こういう立場は体制が整ったらお払い箱になるので
月極め契約でまとまったお金を事前に徴収。

結構な額をいただきました。

情報だけ貰いけるっ!なやつらがとってもとっても多いので
相当やる気があるのだろうと僕もマジになりました。

※以下、クライアントになってくれた方をA氏と呼びます。

A氏がしたがっているのはとある業種。

女の子を某所に派遣して利益をあげる商売です。

要は仲介業ですね。

若い女の子はなんの訓練も研修も受けなくても
そこに居る・存在するだけで価値を提供できる
稀有な存在なのでイイところに目をつけたと思います。
最近は厳しくなっているようですけどね。

仲介仕事はそれなりに経験があるので引き受けたんですよ。

それから認識のすりあわせとしてメール三昧。

それでわかったのはA氏は起業初心者にありがちな
ミスをしているということ。

知恵袋の罠にかかってきました。

A氏「風俗営業の許可は必要なんですか?」
A氏「人材派遣業の許可は必要なんですか?」
僕「なんでそう思うのですか?」
A氏「ヤフー知恵袋で質問したらそう言われました」

なるほろー。

知恵袋は検索上位になりやすいうえに、
門外漢がさもあたりまえのように、自信を持って
間違った認識に基づき書き込みをするから役に立たない。
とくに法的な分野は間違いだらけ。
これには僕も相当悩まされました。

派遣ビジネスをはじめるにあたってよく問われるのが
以下のふたつ。

・人材派遣業の許可
・有料職業紹介事業

これらの許認可がなくてもやり方次第で派遣できるのですが、
お客さんの立場からだと理解できない。

「人を派遣するのだから何かしら資格が必要なのでは」
っとなるのですね。

あといろいろあるのですが書くのめんどくさい。

A氏には抜け穴とか違法とならないコツを教えています。
※法律相談で料金は受け取ってないのでセフセフユニセフクロヤナギ。
非弁行為じゃないあるよ。

実際のコンサルティングですが、
A氏に対しては「空白を埋める作業」を手伝っています。

「俺は八百屋になる!」っと意気込んでも
実際に青果を売って利益を得るまでの道筋は見えてこない。

何も知らないと、具体的な作業レベルに落としこめないし、
どのような作業が必要なのかも検討がつかないもんです。

何かを売るにしても周囲のこまごまとした問題を
ひとつずつ処理しなくちゃならない。

ひとつのラインを引いてようやくお金が稼げるんです。

まぁ、これでも小規模ながらいろいろやってますからね。

そんでなんやかんやあって、
コンセプトを決めて、ウェブサイト公開。

文面は僕が主導。

広告打ってもないのにまぁまぁの数の女の子が集まってます。
そして、応募してくれた女性はほとんどが「素人」です。

まぁー若い子が顔写真や携帯電話番号をいきなり
送りつけてくる。警戒心なさすぎです。

僕はとっても心配です。(心の声 いいぞ、もっとやれ

しかし、女の子が確保できたとしても
新規参入組みで零細事務所ということにはかわりがない。
何かしらの優位性はないとおもったけれど、弱点は長所にも
なるわけです。モノはEEYO!ってわけですハイ。

弱点を長所にした女の子(バイト)募集ページを作成して
効果もあげちゃってます。※自慢

いろいろな分野で新規参入して先行企業に
フルボッコされまくった経験が活きたぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。