【gimp】画像を枠線で囲う方法

画像編集方法

画像を枠で囲いたい

実際の手順を紹介します。
初心者むけですが、レイヤーの概念は分かっているものとします。

フリーツール画像編集ソフト gimpでの方法

gimp(ギンプ)を起動して線で囲いたい画像を編集画面にドロップします。
ファイルから開いてもOK.
下記のような図になるはずです。
背景が一色ではない場合は「レイヤーを追加」して画像の上に重ねてください。

senkakou_001

次に画像全体を選択範囲にします。
選択(S)⇒すべて選択(A)の順にクリックです。

senkakou_002

選択範囲を指定します。
選択(S)⇒選択範囲を縮小(H)の順にクリックします。
画像全体を選択して画像の縁をから縮小する流れです。

senkakou_003

ここで指定する縮小量(ピクセルの値)が線の太さとなるので
お好みで調整してください。

senkakou_004

縮小ができたら次は「選択範囲を反転(I)」します。

senkakou_005画像が反転して選択されていると思います。
この時点で、画像の縁を選択している状態となっています。
なので後は選択されている縁を塗りつぶせば囲った線が
表示されるってことです。

そんなわけでお好きな色で塗りつぶします。
ツールボックスからバケツを選択。
画像の色は下にある黒・白色をクリックします。
※選択色によって異なります。

senkakou_006

好きな色を指定したら次は塗りつぶしです。
画像の縁だけを塗りつぶしますす。
縁だけを選択する際に画像を拡大すると選択しやすくなります。
テンキーの「+」をクリックすると拡大表示されます。

senkakou_007

バケツアイコンが見えたら塗りつぶしが可能です。
おもむろにクリックしましょう。

塗りつぶして枠ができたら全体表示を解除します。
画像編集をつづけないのならそのまま画像を保存してもかまいません。

senkakou_008

選択解除方法は『選択』⇒『選択を解除』です。

画像を保存するときには『ファイル(F)』⇒『保存』をクリックします。

JTrimで一発で線で囲う方法

フリーソフト「JTrim」を使う方法です。

JTrimを起動したら線で囲いたい(枠を表示したい)画像を
編集画面にドロップします。
以下の状態で『イメージ(I)』⇒『余白作成(W)』をクリック。

senkakou_009

余白選択画面が表示されます。
ここで線の色・太さを調整できます。
今回は黒線で囲ってみます。
余白調整ができたら「OK」ボタンをクリック。

senkakou_010

線(枠)が表示されました。
背景白で見易さの比較をしてみます。

senkakou_011

初歩だけれど実践的なスキル

仕事受け取る窓口サイト-ビジネスサイトは信頼感を得るために
背景・記事背景が白#FFFFFFになっているテンプレートが多いです。
さらにビジネス系画像素材も透過処理がしやすいように背景が白が
ほぼデフォルト。
この枠線表示はデザイナーに依頼するお金がない
起業したばかりのひきこもり・ニートにとっては
かなり実践的な画像編集スキルです。
起業初期には実際の業務よりも画像編集と画像編集方法を
検索(探す)作業が主となります。
なぜなら仕事がまったくこないからです。

外で人と会い、対面で仕事をもらう方法を選択しない
ひきこもり・ニートならばまず間違いなくこうなります。
ネット上で仕事を頂くしかないので、初期は必ずサイトづくりに
注力するからです。
スキルがないのでほぼ検索⇒画像編集⇒検索の行動をするでしょう。

私が通った道でもあり、他の起業者も通った道です。
これは必ず役に立つので覚えておいて欲しいです。

※もっと簡単な方法や効率的な方法をお知りの方はご連絡ください。

追記20141017

余白作成ショートカットボタンはメニュバーにあります。
これです。※画像参照

JTrim余白作成ショートカットボタン

にほんブログ村 半ひきこもり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。