月 100円の報酬でもアフィリエイトサイトを所有するのを勧める理由

報酬額が月100円でもアフィリエイトをしつづけるべき理由

もし、お金を稼げるかどうか判明しない
ニッチビジネスをはじめようというのならば、
ほんの僅かでもお金を稼げるアフィリエイトサイト・ブログを
持つべきです。
できれば主柱となる放置型アフィリエイトサイトを持つべきです。

アフィリエイトが精神的負担を軽減する

報酬額が月100円でもアフィリエイトをしつづけるべき理由
僕は勝手気ままに新しいスモール+ニッチビジネスを
立ち上げては潰し、立ち上げては潰しをくりかえしています。
ほとんど失敗に終わってきましたが、最近は勘が鍛えられて
きたのか、小当たりしたりサイトを売買できるほどに
なってきました。
当ブログを読んでくださっている方のなかには
スモールビジネスに興味を抱いた方もおられるかもしれません。
でも、アフィリエイトとは勝手が違いので注意が必要です。
隙間でも小さくてもビジネスですから。
※アフィリエイトもビジネスだという反論は受付ます。

特に注意して欲しいのはアフィリエイトには
あまり発生しないだろうクレームについてです。
ビジネスの形態によってはクレーム沙汰になり、
返金する機会もあるでしょう。
ビジネス開始初期にはなんといっても手持ちがありません。
元から資金が豊富なかたは痛手にはならないでしょう。
しかし、お金がほとんどない方は注意が必要となります。

ほぼ元手ゼロからはじめた僕は緊張の連続でした。
なぜなら、クレームを受けるようなビジネスは初めてであり、
どのように対応するか分からなかったからです。
そして、返金沙汰になったら赤字というビジネスをしていました。
赤字といっても時間が「赤字」となるわけで、労働力が
無駄になるだけでした。
クレームやトラブルで半額返金をしても僕(運営側)は
金銭的にマイナスにならない仕組みをつくっていたからです。
ただ、クレーム対応に費やす時間・ひとつの案件についやした
時間・労働力は「赤字」であり「マイナス」です。
お金が発生しないことに費やしているのですから
1 円も稼げません。

ビジネスにもアフィリエイトにも波というものはあります。
しかし、アフィリエイトは1 度波にのってしまうと余波で
お金を稼ぎつづけるものです。

実感したことがあります。
いい時と悪いときの差がでやすいのはリアルビジネスだと。
季節によって左右されやすいビジネスだとこれが実に顕著です。
小売業主の方が良く愚痴っている月
―よくある物が売れない時期 2,8(にっぱち)―
なんてのもありますよね。
それでなくとも不思議なことに売れる時期と売れない時期
というのが業種によって差がでます。
3~4月は30万の利益、5月は4万円の利益というのも
ありえます。僕のようにニッチでスモールなビジネスを
しているのであればまったく利益が発生しない月が
あってもおかしくないのです。

そう、不安定なんです。
だからこそ個人事業主は「年」で計れとか言われます。
月によって大きく売り上げがかわるのであたりまえなので、
年で計算しろと。

一方、アフィリエイトはまったく売れない月というのが
できにくい「ネットビジネス」だと思われます。
※データが不測しているので「思われます」と記しました。
放置型のサイトアフィリエイトならばまったく手作業を
しなくても勝手に稼いでくれます。
ある程度育っているのであれば報酬ゼロな月は
ほとんどないでしょう。
突然のブログサービス・アカウント停止・リンク切れがない限り。

「アフィリエイトは最強のビジネスだ」と言われる要因・由縁が
ここにもあるのではないでしょうか?

アフィリエイトを持ち出したのは僕がアフィリエイトの
仕組み(システム)に助けられてきたからです。
稼げると確信ができないスモールビジネス・ニッチビジネスを
次々と手がけてきたのはアフィリエイトによる一定の収益が
背後にあったからと言えるのです。
動いている金脈がひとつもない状態で
稼げるかどうか分からないビジネスに着手するのは
精神的にも負担がかかるのですから。
精神的に負担があれば、精神と繋がる肉体にも
負担がかかり、心身ともに疲弊します。

しかし、主柱となる金脈がなにか1 つあれば
負担を軽減できるのです。僕の場合は自分で作成した
サイトから発生するアフィリエイト報酬でした。
ほんとうに月数百円でもかなり心強い味方となります。

ほとんどの人が見向きもしない需要があるかさえ
わからないビジネスをしているなか、
僅かながらでもお金を稼いでいる状態を保つことは
非常に重要となります。
何のともし火もなく、手探りで真っ暗闇のなか
歩くことに等しいからです。
でも、小額ながらも稼ぎつづけられる金脈があれば
背後から照らしてくれます。
ただし、それは闇を払拭する力はありません。
行く先を明るく照らすのは無理があります。
でも、安心感を与えてくれます。
目の前が暗くても、なにも分からなくても、
光が身近にあるだけでどんなにありがたいとことか。

そう小さな光でも貴重なんです。
それが背後からのいまんも消えそうな弱い光であっても。
真っ暗闇では大きく強くみえるのです。
そういう世界で進んでいくしかないんです。
コネもお金も積み重ねたキャリアもない引き篭もり・ニートは。

まとめ

非アフィリエイトであるニッチビジネス・スモールビジネスは
お金を稼げる確信をもてない場合が多い。
そのため、精神的・肉体的負担が大きい。
だから、「継続すれば小額でも稼げる」アフィリエイトサイトを
所有しておく。
たとえ僅かでも「お金を稼げられている」との感覚が
折れかける心を救ってくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。