元手なしでもできる起業⇒アフィリエイトです!←これ古くない?

ringo_shukaku

最近、ようやくコメントがもらえるようになってきました。
簡単に答えられる事柄ならちゃんとお答えしています。
ただ、返答に時間がかかると判断したご質問には答えるのは難しいです。
当ブログは稼ぎに直結しない非生産活動なのであまりにもブログ運営に
注力すると商人として失格ですからね。

※表示してもよいご質問・コメントは絶賛受付中です。
表示済みのコメントはいまだにゼロですからね。

みえざる中間搾取

miezaru_te企業⇒ASP⇒アフィリエイター
の流れです。ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)が介在しているからこそ、
大企業の信頼のおける商材を扱えるメリットがあります。
非法人・個人では相手にされずに仲介する権利も
与えられないの商品を扱えるようになるのです。
とても大きなメリットと言えます。

しかし、中間搾取されているとも言えるのです。
僕が主に稼いでいる仕事の金銭の流れはこれです。

お客さん⇒僕

これだけ。
中間搾取は一切ありません。
取り分は全部僕のものです。
さらに顧客情報も僕のもの。
アフィリエイトだと例外はありますが、大抵 1 回きりですよね。

サイト閲覧者が、化粧品のアフィリエイト広告から化粧品を購入したとします。
そのアフィリエイトブログの管理人はもちろん喜びます。
なにせ報酬が発生するのですから。
でも、1回切りです。 1 回だけの関係。

では、出稿側はどうでしょう。
アフィリエイト広告の出稿しているのは化粧品会社です。
化粧品会社はアフィリエイターが紹介してくれたお客さんと
継続してお付き合いをすることになります。
お客さんが化粧品を購入し続けるたびにお金が発生します。
儲かります。

もし、1 回だけ、その場限りの購入だったとしても
メールアドレスはこちら(化粧品会社)が握っているので
再アプローチできます。

ダイレクトな再チャレンジ権がない

ringo_shukakuほぼ法人会社はオプトイン方式をとっているので、
事あるたびにダイレクトメールを送付してくるでしょう。
オプトインはメール登録したお客さんが
「なにか新商品ができたらメールで知らせてもいいよ~」と
許可をとる方式です。

お客側が承諾しなければSPAMめいたメールは届きません。
しかし、知らないうちに許可をしているのが実態。
規約や承諾関係文を読んでいる分かるはずなのですが、
メール配信の許可をしています。
許可しないと商品を購入できない仕組みが多いからですね。

注目してほしいのが失敗しても再チャレンジできる
ための道具―メールアドレス―は出稿者・出稿企業が握っているということです。

稼いでいるアフィリエイターがメルマガを配信して
「登録してくれ~」とアピールするのは
メールアドレス=アプローチ権を獲得したいからです。

元手がなくても起業する方法がアフィリエイトしか答えがないはずはない

ひきこもってでも稼いでいるアフィリエイターは
もう一流のマーケッターです。
でも、ベクトルが違うんです。

引き篭もりでもできる仕事を考えなさい。
そして構築しない。と、言われたときに
すぐにできません。

僕はアフィリエイトではあまり稼げなかったので
リアルビジネスの方向へ少しずつ転換していってます。
なぜならリアルビジネスへネットを持ち込んで活用する術を
求める声が少ないからです。どちらかというと、
見かけはリスクなしの「アフィリエイトで稼ぐ」情報を
求める声が多数だからですね。
そしてアフィリエイトで稼げる情報を売る人間が多いことが
理由にあげられます。

僕は熾烈な戦いを避けるために、隙間を全力で探り、
見当たらなければ考えるのが得意だからです。

誰も彼もが求めるのは以下のような情報です。

『アフィリエイトで脱サラリーマンが月収100万円稼いだ方法』

このような情報はあふれかえるほどありました。
いまも増殖中です。

けれど
「引き篭もりでもできる仕事を生む考え方」
「ニートの利点を生かした仕事構築法」
「実際の仕事仲介の過程」
を示している情報・紹介しているブログはまったくありませんでした。

アフィリエイトで稼ぐためのサイト構築法と、
お客さんから仕事をいただけるサイトの構築法は
似ているようで異なります。

しかし、ネット上ではほぼアフィリエイトの情報で埋め尽くされています。
あったとしても「社員」が上からの受け売りで書いている記事がほとんどです。

なぜなら、実際に引き篭もり・ニート状態に陥り、
まったく元手がない状態から人はおどろくほどネット上にいないからです。

自称元ひきこもり・元ニートなひとびと

僕は約8年間、ネットめぐりをしてきましたが、
元ひきこもり・元ニートで起業!稼いだ!と公言している方の
経歴を調べつくした経験があります。
過去ログを巡って。書き出して。
結局ひきこもり・ニート当事者からみても
「むむっ…おかしいぞ」と納得できる方は見つかりませんでした。

なぜ嘘までついてまで自分をひきこもりやニートにしたいのか?

なぜかというと「元ひきこもり」「元ニート」の呼称が
稼ぐための装置になっているからです。

そして自分を元ニートだ~元ひきもりだ~と、
売り出す人たちはよく勉強しています。
とくにライティング(文章作成能力)を。

叙述トリック的なライティングを身に着けると
どんなお金持ちの人でも嘘をつかずに経歴を偽造せずに
悲惨な貧困状態をしてきた人と誤認させることまでできるのです。

ご注意ください。

結局アフィリエイトはやる人次第

つまらないまとめになります。
けれどアフィリエイトは稼げないと誤認させてはいけないので、
これだけは弁解させていただきます。

結局やる人次第です。

アフィリエイトでも稼いでいる人はいます。
僕も月五千円の壁は突破している人間です。
ただし、アフィリエイトで稼げないから
ネット上で稼ぐ手段はすべて絶たれたと落ち込む必要はないんです。

僕の稼ぎ頭は仲介業です。
ニュアンス的にブローカーと呼ぶとすっきりします。
仲介業でも中間搾取が組み込まれたアフィリエイト広告を
貼り付けているのではありません。
実際に、直にお客様を呼び込み仕事を獲得するのがお仕事です。
そしてこれは「ひきこもり・ニート」でもできる仕事であり、
アフィリエイトと同程度のリスクでできる仕事でもあります。

僕個人としてはいまの世の中の流れは歓迎すべきものです。

「アフィリエイトは稼げる」

「アフィリエイトは稼げない」

こんな論争が大きくなればなるほど僕の縄張りに参入してくる
人はすくないままです。

僕が嫌っていたアフィリエイト初心者をカモにする奴らも
僕の「縄張り・領域から意識を逸らす陽動役」となっているので
あまり叩けません。

ひきこもりでもできる仕事とは?

PAK76_anakarakaodasurisu640以下に、参考として家にひきこもったままでもできると仕事・稼ぎ方
を紹介しておきます。

「引きこもりでもできる仕事」よくある一覧

  • FX
  • RMT
  • 転売
  • ポイントサイト
  • 同人誌作成・販売
  • 同人ゲーム作成・販売

※種銭・元手・資金・スキルありの場合です。

世を見渡してみればもっとあります。
なのに上記内容に収束されていくのが常です。
もっと柔軟に思考して自らが「仕組み」をつくって
みようとすると道が開きます。
僕がそうでしたから。

「引き篭もりでもできる仕事ない?」
このような質問をすると返答するのは
ほぼ会社員(組織人)でしょう。
さらにドリームキラーも含まれます。

「ひきこもってでもできる仕事はない!」
「人に出会わずできる仕事はありません!」

なんて言い切るのはたぶん組織人として優秀な方ですので無視しましょう。
ありがたく意見を無視しましょう。
あなたは組織人になりたくてこの記事を読んでいるわけではないのですから。

ヒント

以前のブログではコメントから

「引き篭もりでもできる仕事を教えて」
との切羽詰ったコメントがありました。

僕も貧困ひきこもりでしたらか答えたいです。
けれど僕はそこまでは答えられません。
もし、そこで無料(タダ)で真剣に答えたとしても
受けての方は「無料の情報」と侮って何も行動しないからです。

1 万円で手に入れたものは 1 万円の価値しかないと
思い込むのが人間です。
無料でお答えするにはどちらにとってもデメリットしかないのです。
簡単なご質問にはお答えします。
けれどお答えするには真剣にならざるを得ない深いご質問には
答えられません。

もし、お答えするのであればお金をいただきます。
しかし、僕自身はまず「自分で考える」のをお勧め致します。

ヒントとして送るのは「仲介」のワードです。
そして「自分がする必要はない」

これを頭の片隅において「何を」「どこで」「どのように」すれば
いいのかを考えて日常を過ごしてください。
あてはめてください。

ひきこもり・ニートの方ならばネットサーフィンをして
情報の波を飛沫を浴び続けているはずです。
その状態で思考しながら情報を渡っていくとある瞬間ひらめきます。
些細なきっかけで犯人・トリックを暴く推理漫画の主人公のように。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。