人と交流ができないヒッキーが辿りつくであろう「インバウンドマーケティング」とは?

jkegao

ずばり言うと金なしスキルなしの引き篭もりが稼ぐには仲介業が鉄板なわけです。
でもこれは後回し、今回は僕のような貧乏低スペ人間がたどり着く
であろう手法を紹介いたします。

何も持たない者はインバウンドマーケティングへ行き着く

PPC広告も出稿できず、ネットに顔も露出できず、ポスティングや
飲みにケーションで町の経営者層と交流ができない人間が辿りつくのが
SEOによるサイトの自動販売機化。でもそんな簡単にはいきません。
検索上位表示には時間もお金もかかります。そこでお金を一切ださずに
上位表示しようというのならば記事数を増やして売り出す商品・サービスを
詳しく説明しなければなりません。つまりインバウンドマーケティングに
辿りつくのです。外にでて他人と交流し、信頼を得てから仕事を得る旧来の
手法はとれません。引き篭もりには。

僕はマーケティングの勉強するよりいきなり実践にいったクチなので
まったく知りませんでした。
でも、インバウンドマーケティングの説明を聞くうちに
「あれ、これとほぼ同じことしてんじゃないの?」
って感じになります。たぶんみんなそうだとおもいます。
以下、インバウンドマーケティングについて参考にしたページ。

そのFAQページ、ただ質問に答えるだけで終わってはいませんか?
WEB戦略ラウンドナップ
コンテンツ戦略でリーマンを克服?米国の注目事例
Bizコンパス

Bizコンパスのページ全文をみるには会員登録が必要です。
実際に無料登録してみましたが、スパムもなく、これといって
支障はありません。無料なので期間限定でページを見れるわけですね。
是非会員登録して隅々まで読んでください。視野が広がります。

インバウンドマーケティングについては各自検索してください。
つまりはお金をだして攻めの営業・宣伝ができない引き篭もりは
待ちの姿勢でしか仕事をとることができないってわけです。
見込み客が検索してサイトへ訪れるのはじっと待つしか。
でも、何もできないってわけじゃない。
お客様の役に立つページを量産すればSEO効果もでて
受注率アップにもつながるということです。
あれです、専門的なことはわかりませんよ。ええ。

結局は記事量産なんだよね

上記、ラウンドナップさんの記事みましたか?
なるほどと思いましたよね。
Q&A・FAQ・よくある質問、どう呼ぼうと質問に回答するページは
どの業種でも必須です。アフィリエイトでも必要となるでしょう。
でも、一問一答形式がほどんど。僕もそうです。
いままで立ち上げたサービスすべてが一問一答形式で、
1つの質問に対しての回答が100字ほどだったんです。
これではお客様の疑問や不安を払拭できません。
質問回答ページはお客様の重すぎる腰をあげさせるためにある
キラーコンテンツなのですから。
できるだけ注力せねばいけません。
なぜならマーケティングの基本としてお客様は「見ない、聞かない、信用しない」
そして「動かない」からです。人間は促されても行動しません。
だからこそ質問回答ページに丁寧に答える姿勢が必要なのです。

僕も質問回答ページにこれほどの威力があるのだと知り、
実際に試してみました。Bizコンパス参照ページでは
ひとつの質問に対して日本語で5000文字程度を返していたというので、
僕もそれを目標に書いてみました。
結果、ひとつの質問にたいして掘り下げても2000 文字程度で根がつきました。
試してみた分かったことは狙ったワードを含めながら文字数を
稼ぐことも気力がいるが、質問を掘り下げるのにはもっと気力がいる。
ということ。

お客様のいない起業初期では質問は自分で考えなければいけません。
そして、それを掘り下げる作業がつづきます。しかしこれが大変。
だって「お客様の目線」になるのはほぼ無理だからです。
サービスを提供する側にまわるとどうしてもお客様目線になりにくい。
そこで打開策として僕がとっさのはパクることです。
同業他社ならず周辺分野とまったく違う業種のサイトの
質問ページを巡ってどのようなことをお客さんが悩んでいるか、
疑問に思っているかを収集しました。
根気欲収集していくと、
「緊急の依頼はうけつけていますか?」
「キャンセル料金はありますか?」
「こちらで商品の指定はできますか?」
などの基本的質問に加えて、業種独自の質問が見えてきます。

質問が10集まったらひとつの質問に対して1ページ使います。
僕の場合、
1ページ2000文字なので10ページ作成したら20000文字。
いやがおうでもSEOとしてはプラスに働きます。
僕もいま質問ページを量産しているところです。
結果がでたらこのブログで報告させていただきます。

いまのところ変化はありません。
しかしこれ、1 ページ作成するのに 4,5 時間かかっとりますよ。
従来の手法でなら1つの質問に対しての回答は 1 分もかからなかったのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。